週末も西・東日本は夏空続く

きょう(15)は九州~東北南部の広い範囲で晴れて、西日本中心に全国56地点で真夏日を記録。各地で7月上旬~中旬頃の陽気となりました。

一方、北海道は低気圧の接近で冷たい雨、東北や関東北部も午後になって局地的に雷雨に。沖縄本島は梅雨前線が離れたため、強雨はおさまりました。

夏空

週末の天気

あす16()も北日本は大気の状態が不安定で、東北や関東北部では雷雨に注意が必要です。ゴロゴロ雷の音がしたら、建物の中に入るなど一時待機しましょう。

■北日本
土・日曜日は日差しが戻り、気温は夏仕様。この時期は日々の寒暖差も大きいですので体調を崩さないようお気を付け下さい。 

■東日本
土曜日は晴れて行楽日和ですが、日曜日は太平洋側から雨が降り出しそう。湿った空気と上空の寒気の影響で内陸や山沿いでも午後は雨になる見込みです。外の用事は土曜日がおススメ。

低気圧や前線が通過する伊豆諸島では激しい雨に注意が必要です。

西日本
梅雨入りはしたものの日曜日にかけて夏空が続くでしょう。30℃を超えるところもありそうです。こまめな水分補給をして週末を楽しみましょう。

沖縄・奄美
週末は先島諸島付近で雨脚が強まる見込み。土曜日午後からは低気圧が進み、激しい雨に注意が必要です。沖縄本島や奄美地方もこれまでの雨で地盤が緩んでいるところがありますので、土砂崩れなどにご注意ください。


みやっちです。梅雨入りしても西・東日本はなかなか雨が降りませんね。昨年の今頃は梅雨前線が本州付近にかかり始めていました。夏の水不足が心配なので適度に雨は降ってほしいものです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。