新年度は生憎の雨のスタート

◆今週の天気のポイント
・4月1日(水)~2日(木)、西日本の太平洋側や東日本、東北の太平洋側で風雨強まる。
・4月3日(金)~4日(土)、東北地方の他、北陸~山陰にかけて雪の恐れ。落雷・突風・ひょうに注意。
・交通機関が乱れる恐れがあるため最新の情報を確認し余裕を持った行動を。

今週は新年度のスタートですが、荒れた天気となる日が多い1週間です。

↓4月1日(水)の予想気圧配置と降水量↓

まとまった雨となる恐れあり

4月1日(月)は西日本や東日本で生憎の雨。低気圧が発達しながら進むため、風も強く吹きます。特に西日本の太平洋側や東日本で雨脚が強まるでしょう。雨や風に負けないように、しっかりとした傘やレインコートで対策を。
2日(火)になると東北の太平洋側で本降りの雨となります。また、北海道では雪の所がありますので、山沿いでは雪崩に注意をして下さい。

↓4月4日(土)の上空5000m付近の気温と降水量↓

雪、落雷・突風・ひょうに注意

3日(金)~4日(土)は、上空に季節外れの真冬並みの強い寒気が流れ込み、東北地方の他、北陸~山陰にかけては雪が降る恐れがあります。路面が凍結する可能性もありますので車の運転は慎重に。また、大気の状態が不安定になるため、落雷・突風・ひょうにも注意。農作物の管理もしっかりとして下さい。

この時期らしい気温の日が多い

晴れる日が多い北海道はこの時期としては気温が高めで過ごしやすいでしょう。その他の所はこの時期らしい気温の日が多くなります。晴れる日は少ないですが、最新の情報を確認して雲の切れ間の日差しを有効にお使い下さい。

桜の開花はさらに進みそう

今シーズンは桜の開花が各地で早く、東北南部でも3月のうちに開花宣言がありました。今週は桜の開花がさらに進みそうですが、週末には東日本や西日本で寒の戻りがありそうです。晴れる所でも風が冷たく感じられますので服装を上手に選んで体調管理に努めて下さい。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。