梅雨空続く、ジメジメ…

◆今週の天気のポイント
・週の半ば以降、西日本を中心に大雨に注意
・梅雨寒が続く所もあり、体調管理に注意

8日(月)~9日(火)にかけては、晴れ間のでる所もありますが、西日本や東日本を中心に突然の強い雨や雷雨の心配があります。出かけるときに雨が降っていなくても雨具の用意があると安心です。突風や竜巻、降ひょうなどにも注意が必要です。

↓9日(火)の予想気圧配置と降水量↓

晴れていても、急な強い雨や雷雨に注意

10日(水)になると西から天気は下り坂に向かいます。13日(土)にかけては、西日本、東日本、東北と雨の範囲が広がりそうです。西日本を中心に雨脚が強まる所があります。先週、記録的な大雨となった所などでは少しの雨でも土砂災害が発生する恐れがありますので、今後の情報に注意をして下さい。

↓11日(木)の予想気圧配置と降水量↓

西日本を中心に本降りの雨の所あり

気温は、この時期としては低めの日が多くなるでしょう。特に東北の太平洋側や関東では梅雨寒が続く所もありそうなので、体調の管理に注意をして下さい。西日本ではこの時期の最高気温はだいたい30℃くらいです。平年よりも少し低い日もありますが、梅雨らしくムシムシ、ベタベタとした不快な日々が続きそうです。

北日本や東日本は梅雨寒、西日本はムシムシ

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。