季節は足踏み、曇りや雨の日が多い1週間

先月末から初冠雪の便りが続々と届き、紅葉前線も高い山から標高の低い所に下りてきて少し冬を感じさせるくらいに秋が深まってきましたが、今週は朝晩に強く冷え込む日は少なく、日中の気温もこの時期としては高めとなりそうです。とはいえ、寒暖の差はありますので体調管理には注意をして下さい。

↓9日(金)の天気予報と予想気温↓

大阪27℃、仙台22℃はともに9月下旬並み

■北日本
北海道や東北北部は前半に晴れる日がありますが、東北南部を中心に曇りや雨の日が多くなる見込みです。9日(金)~10日(土)は荒れた天気となる恐れがありますので、落雷や突風、強風や高波などに注意をして下さい。

■東日本
各地とも雲が広がりやすく、前半は東海を中心に雨が降りやすいでしょう。傘を持ち歩かなければならない日が多くなりそうです。9日(金)~10日(土)は北陸を中心に雨や雷雨となる見込みです。

↓9日(金)の予想気圧配置と降水量↓

北陸は雷雨、北日本は荒れた天気の恐れあり

■西日本
週の前半と終わりは晴れる所がありますが、その他は雲が広がりやすく雨の降る日もあるでしょう。9日(金)は各地で雨が降り雷雨となる所もありそうです。

■沖縄
週の初めは雲が広がりやすいですが、その後は晴れる日が多くなりそうです。

◆今週の天気のポイント
・気温はこの時期としては高め、寒暖の差あり。
・週の終わりは北日本で荒れた天気となる恐れあり。
・東日本を中心に曇りや雨の日が多い。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。