蒸し暑さ続く、北日本は大雨に注意

これまでの1週間は、西日本の太平洋側で大雨の日がありました。強い地震のあった所では、今後の天気が心配されています。一方、沖縄では23日(土)に梅雨明けの発表がありました。

この先の1週間は、25日(月)~26日(火)に、梅雨の中休みとなりそうです。各地とも気温が高く、西日本や東日本の他、東北南部でも30℃以上の真夏日の所があり、湿度も高く蒸し暑いでしょう。屋外での活動は、水分やミネラルをこまめに補給して、熱中症対策を心がけて下さい。また、熱中症は室内でも起こりますので、エアコンや扇風機を上手に使って、熱中症にならないような環境を作りましょう。

26日(火)の予想気圧配置

27日(水)からは、曇りや雨のぐずついた天気が戻ってきます。北日本や西日本、東日本の日本海側を中心に雨が降りやすく、東日本の太平洋側でもすっきりしない天気が続くでしょう。強い地震のあった所では、少しの雨でも土砂災害に注意をして下さい。雨が降っても気温は下がらず、西日本や東日本では30℃前後の所が多くなり、べたべたした不快な陽気となるでしょう。
特に北日本では、27日(水)に、ざっと強い雨が降り、荒れた天気となる恐れもありますので、最新の情報を確認するようにして下さい。気温は、最高気温が25℃以上の夏日の日が多くなる見込みです。

27日(水)の予想気圧配置

◆今週の天気のポイント
・北日本は、27日(水)に大雨となり、荒れた天気の可能性がある。最新の情報で確認を。
・東北南部から九州にかけて30℃前後の日が多く、湿気も多く蒸し暑い。熱中症に注意。
・強い地震のあった地方は、少しの雨でも土砂災害に注意。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。