週の後半 熱帯夜から解放

大陸起源の秋の空気が南下し始め、日本付近は夏の空気との入れ替えが始まろうとしています。

今週は北日本の上空に寒気が居座るため、北海道では平年より気温の低い日が続くでしょう。また、週の後半になると南の太平洋高気圧がパワーダウン。東・西日本も次第に暑さが収まって熱帯夜から解放されそうです。一方、沖縄と九州南部は晴れて残暑が続くでしょう。

季節を分ける前線

また季節の変わり目のこの時期は性質の異なる空気がぶつかるため、前線や低気圧が発生しやすくなります。

今週は東北地方を中心に北日本や東・西日本の日本海側で雨や曇りの日が多くなるでしょう。前線付近では雷雨や局地的に短時間大雨になる可能性もありますので、雨の降り方に注意してください。関東地方など太平洋側もにわか雨があるでしょう。


miyahara_winter

みやっちです。日本の南、マリアナ諸島付近にある熱帯低気圧が今後北上する見込みです。小笠原諸島では今週中頃から、本州付近も週末ごろから荒れた天気になるおそれがあるため、今後の動向に注意が必要です。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。