【防災特集】いっぱい雨を降らせる帯

線状降水帯」(せんじょうこうすいたい)という言葉を聞いたことがありますか? 一般には聞き慣れない言葉だと思いますが、これによって「記録的な大雨」が発生したり、雨が長期的になったりという現象を引き起こす状態になります。ただ、気象学的に厳密な定義が存在しておらず、長さ約50~300km・幅20~50kmに及ぶ降雨帯を指します。九州・四国・近畿・東海・関東の太平洋側沿岸部に多い現象です。
■線状降水帯はどのように形成されるのか

線状降水帯の形成過程はいくつかありますが、今回日本でよく見られるバックビルディング型に注目してみたいと思います。
バックビルディング型とは、積乱雲が風上側の同じ場所で次々と発生し成長しながら風下側に流され、線状になること。このため、同じ場所で長時間大雨が続くことになるのです。


死者77名(災害関連死者を含む)、負傷者44名、家屋の全壊133棟、半壊122棟という甚大な被害をもたらした2014年8月に発生した広島の土砂災害や、現在も多くの方々が避難生活を余儀なくされている九州北部豪雨もこの線状降水帯によって引き起こされたものです。

こちらの画像は九州北部豪雨が発生したときに雨レーダーが捉えた線状降水帯です。線状降水帯のメカニズムをすぐに理解するのは難しいかもしれませんが「線状降水帯=大雨が同じ場所で続く、災害の危険がある」と覚えておいてください。そして、早めの避難や行動に繋げていただけたらと思います。


こんにちは、アールです。雨…全く降らないといろんな意味で困りますが、ずーっと降る・たくさん降るとなると被害や災害が起こりやすくなるので、ちょうど良い感じに降って欲しいと願うしかありません。ただ、災害に遭う前にできる限りの対処や備えをしておくことはできそうです。皆さまも、どうか気をつけて早め・早めの行動が取れるように、準備もお早めに!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。