【1/6 朝イチ!】一転寒い「寒の内」?

昨日は二十四節気の「小寒」で、寒の入りでした。気象庁から向こう1ヶ月(1月7日~2月6日)の予報が発表されました。

●平均気温は、初冬から続いていた暖冬傾向が沖縄を除き解消し、「平年並か平年より低い」予報です。この期間は1月20日の「大寒」を含み、一年で一番寒い季節になりますが、1月中旬を中心に、近畿・北陸~東北では「かなり低く」なり、寒い「寒の内」になる見込みです。

1%e6%9c%887%e6%97%a5%ef%bd%9e2%e6%9c%886%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%b9%b3%e5%9d%87%e6%b0%97%e6%b8%a9平均気温(水色は平年より低い地域)

●降水量は、北海道の南部から東部の太平洋側を除き、「平年並か多い」予報で、特に沖縄・奄美では、南からの暖かく湿った空気の影響で「多い」でしょう。

1%e6%9c%887%e6%97%a5%ef%bd%9e2%e6%9c%886%e6%97%a5%e3%81%ae%e9%99%8d%e6%b0%b4%e9%87%8f降水量(緑色は平年より多い地域)

●日照時間は、沖縄・奄美と日本海側で「平年並か少なく」、太平洋側では「平年並か多い」予報で、特に山陰~東北の日本海側では、冬型の気圧配置で「少ない」見込みです。

1%e6%9c%887%e6%97%a5%ef%bd%9e2%e6%9c%886%e6%97%a5%e3%81%ae%e6%97%a5%e7%85%a7%e6%99%82%e9%96%93日照時間(灰色は平年より少ない地域)

日本海側の降雪量は、「多い」予報です。期間の前半は、冬型の気圧配置が強まり、北陸~北海道では「かなり多く」なる所があり、本州の雪不足が解消するでしょう。
1%e6%9c%887%e6%97%a5%ef%bd%9e2%e6%9c%886%e6%97%a5%e3%81%ae%e9%99%8d%e9%9b%aa%e9%87%8f

日本海側の降雪量(水色は平年より多い地域)

(2017年1月6日 07:00更新)



トミーです。初冬から年明けにかけては北海道を除き、暖冬傾向でしたが、「寒」に入り一転、沖縄・奄美地方を除き、暦に合わせたように、この時期らしい寒さに戻っています。 また、国立感染症研究所によると、51週の12月19日~25日の週ではインフルエンザの患者数が51万人に達し、警報や注意報レベルの地方が多くなっています。累計の推計受信者数も147万人になったとのことです。寒の内は気温が低く寒くなる予報で、更に増加する可能性があります。帰宅後には手洗いやうがいなどで予防に努めましょう。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e6%b5%81%e8%a1%8c%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%9751週の12月19日~25日のインフルエンザ流行レベルマップ

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。