【12/14 朝イチ!】1.5か月振りに100ミリ越えの雨

昨日は南岸低気圧の通過で、和歌山県潮岬で、日降水量が113.5ミリを観測しました。これは10月28日に長崎県長浦岳で、日降水量117.5ミリを観測して以来、全国で100ミリを越えるのは、46日(約1.5か月)振りです。また、12月としては潮岬の日降水量は、1913年の観測開始以来、103年間で過去3番目に多い記録でした。この他、1時間降水量の日最大値で、鹿児島県笠利では18.5ミリを観測し、2003年の観測開始以来、一番多い記録でした。日降水量としては、和歌山県の日置川で98.0ミリ(1992年12月7日とタイ)、南紀白浜で92.0ミリ、粟栖川で90.0ミリは、いずれも12月としては観測開始以来、一番多い記録を更新しました。

12%e6%9c%8813%e6%97%a522%e6%99%82%ef%be%9a%ef%bd%b0%ef%be%80%ef%be%9e%ef%bd%b0
12月13日22時のレーダー画像
(和歌山県で雨が一番強かった頃)

(2016年12月14日 05:30更新)



トミーです。12日に気象庁から発表された、異常天候早期警戒情報によると、北海道を除く、沖縄~東北の広い範囲で、12月17日~26日の期間で、平均気温が30%以上の確率で、「かなり高く」なる予報が発表されました。今日から明日にかけては冬型で、12月に入って一番の寒気が南下し、西日本でも初雪になりそうな強い寒波が襲来しますが、その後週末からは一転、気温が上がる予報です。年の瀬、何かと外出する機会が多い季節です。暖かいのは外歩きには助かりますが、農作物やこれからスキーシーズンに入るゲレンデなど、高温による影響が心配されます。

12%e6%9c%8812%e6%97%a5%e7%95%b0%e5%b8%b8%e5%a4%a9%e5%80%99%e6%97%a9%e6%9c%9f%e8%ad%a6%e6%88%92%e6%83%85%e5%a0%b1

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。