【12/9 朝イチ!】沖縄は夏日、北海道は真冬日。その差は50度

昨日は久し振りに全国的に晴れた所が多かったですが、日本列島、南と北では気温差が今シーズン最も大きい50度近くありました。沖縄県与那国島と波照間島で、12月5日以来、日最高気温が25度以上の「夏日」が4か所ありました。一方、北日本では北海道を中心に日最高気温が0度未満の「真冬日」が123か所あり寒さが続きました。最も気温が高かったのは東京都南鳥島の28度7分ですが、沖縄県としては与那国空港の26度2分でした。一方、最低気温は富士山頂の氷点下19度3分より低く、北海道十勝地方陸別の氷点下21度4分で、この冬初めて氷点下20度以下まで下がり、その差は47度6分で、今シーズン一番の気温差になりました

12%e6%9c%888%e6%97%a512%e6%99%82%e6%9d%b1%e3%83%bb%e5%8c%97%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%a4%a9%e6%b0%9712月8日12時の天気
(赤色:晴れ、その他:曇り・雨・雪)

12%e6%9c%888%e6%97%a512%e6%99%82%e6%b2%96%e6%9d%b1%e3%83%bb%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%a4%a9%e6%b0%9712月8日12時の天気
(赤色:晴れ、その他:曇り・雨)

(2016年12月9日 06:30更新)



トミーです。きのう気象庁から発表された、1月9日までの1か月予報によると、12月10日~1月9日までの月平均気温は沖縄県は引き続き、「高く」くなる可能性が40%、関東甲信・北陸から東北・北海道では「低く」なる可能性が40%の予報です。この他、九州から東海では「平年並」の可能性が40%の予報になっています。極端な高温や低温にはならない予報で、年末年始は、全国的に「平年並」の寒さになる見込です。一方、降水量は北陸で「平年並」の他は、全国的に「平年並か多く」なる可能性が40%の予報になっています。また、山陰から北海道の日本海側の降雪量は「平年並」の予報で、スキー場のオープンも順調に進みそうです。

1%e3%81%8b%e6%9c%88%e4%ba%88%e5%a0%b1%e3%83%bb%e5%b9%b3%e5%9d%87%e6%b0%97%e6%b8%a9

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。