【12/5 朝イチ!】那覇で102年振りの高温

昨日は全国的に気温が高く、11月の晩秋の頃の陽気の所が多かったですが、日最高気温が12月として観測開始以来、一番高い気温を、沖縄県を中心に全国で18か所更新しました。特に観測期間が長い那覇では、1914年12月1日の28度以来、102年振りに記録を更新し、宮古島でも1951年12月22日の28度1分以来、65年振りに記録を更新しました。

12%e6%9c%884%e6%97%a5%e6%9c%80%e9%ab%98%e6%b0%97%e6%b8%a9%e3%81%ae%e6%9c%80%e9%ab%98

この他、日最低気温の最高を沖縄県で4か所、記録を更新しました。観測期間が長い、宮古島では、1994年12月12日の23度1分以来、22年振りに記録を更新しました。

12%e6%9c%884%e6%97%a5%e6%9c%80%e4%bd%8e%e6%b0%97%e6%b8%a9%e3%81%ae%e6%9c%80%e9%ab%98

(2016年12月5日 04:30更新)



トミーです。沖縄県ではこの秋以来、記録的な高温傾向が続いています。12月1日に発表された向こう1か月の予報でも、気温の高い傾向が続く予報になっています。原因としては、現在、発生中のラニーニャ現象(エルニーニョの反対で、南米ペルー沖の海面水温が基準値より低い現象)の影響と推測されています。高温による農作物や健康への影響が懸念されます。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。