【12/3 朝イチ!】秋は沖縄・西日本で記録的な高温だった

気象庁から9月~11月の秋の天候のまとめが発表されました。
1.平均気温
沖縄~関東甲信にかけては「平年より高く」、特に沖縄・奄美で平年差+1.3℃、西日本で+1.2℃となり、沖縄~西日本では、1946年の観測開始以来、最も高く、記録的な高温でした。一方、北陸~青森県を除く東北は「平年並」で、青森県~北海道は「平年より低く」、北日本では9月は高温でしたが、10月から時々寒気が入り、秋としては2002年以来、14年振りの低温になり、10月には各地から例年より早い初雪の便りが届きました。

2016%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%b0%97%e6%b8%a9

2.降水量
西日本では、低気圧と台風や前線の影響で、秋の降水量は「かなり多く」、特に、日本海側で平年比173%になり、統計を開始した1946年以来、最も多い記録を更新しました。近畿や東海の一部を除き、新潟県を除く北陸では「平年並」でしたが、関東と新潟県から東北・北海道では「平年より少ない」状態でした。ただ、北海道では11月の月降雪量が平年より多くなりました。
2016%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e3%81%ae%e9%99%8d%e6%b0%b4%e9%87%8f3.日照時間
全国的に低気圧や前線などの影響で、茨城県~岩手県の太平洋側と北海道東部の太平洋側で「平年並」だった他は「少なく」、特に、西日本日本海側で平年比74%、西日本の太平洋側で平年比82%で、統計を開始した1946年以降で最も少ない記録を更新しました。

2016%e7%a7%8b%e3%81%ae%e6%97%a5%e7%85%a7%e6%99%82%e9%96%93

(2016年12月3日 04:30更新)



トミーです。この秋は、沖縄や西日本では高温が続き、11月上旬は北海道で100年振りの低温を記録し、11月24日は関東甲信では、11月としては各地で記録的に早い初雪を観測し、東京都心では1875年以来、初めての積雪0センチを観測するなど、記録を更新する不順な天候が目立つ秋でした。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。