【11/29 朝イチ!】秋の日は「つるべ落とし」

一年で一番、日中の時間が短い冬至(うるう年の今年は12月21日)はまだ、3週間位先ですが、この頃、急に夕暮れが早くなった感じがします。秋の太陽は、釣瓶(つるべ)を落とすように早く沈んでしまうことから「秋の日はつるべ落とし」と言われます。「つるべ」とは、 井戸から水をくみ上げるときにつかう桶に付いている釣瓶が、手を放すと 勢いよく落ちていく様子をたとえた「ことわざ」で、秋の日はあっという間に日が暮れてしまうという意味です。

%e4%ba%95%e6%88%b8%e2%91%a1
ck193

ことわざを裏付けるように、主要都市の日没の時刻を調べると、今頃から12月上旬にかけて、日没が一年で一番早い期間と一致します。冬至に比べると、4分~6分早くなっています。なお、時刻は計算で推測した値です。

%e6%97%a9%e3%81%84%e6%97%a5%e6%b2%a1%e2%91%a0 %e6%97%a9%e3%81%84%e6%97%a5%e6%b2%a1%e2%91%a1

(2016年11月29日 04:30更新)



トミーです。この時期は日暮れが早く、日が沈むとあっという間に暗くなります。自動車や自転車など運転時は、薄暗く感じたら早めに点灯し、紅葉狩りやハイキングで野山にお出かけのときも、午後4時頃までには麓や安全な所まで帰ることを心掛けたいものです。

11%e6%9c%8824%e6%97%a5%e5%a4%95%e6%9a%ae%e3%82%8c%e2%91%a1

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。