【11/17 朝イチ!】西日本は「小春日和」

今日は移動性高気圧が日本海中部に進み、日本付近に張り出して来る。このため、沖縄~西日本と、東海~関東甲信、東北~北海道の太平洋側では秋晴れになる所が多いでしょう。一方、北陸~北海道の日本海側では日中いっぱいシグレ模様で、曇りや小雪か小雨の降る所が多い見込です。

11%e6%9c%8817%e6%97%a521%e6%99%82%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%9b%b3%e2%91%a021時の予想天気図(H:高気圧)

11%e6%9c%8817%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%a4%a9%e6%b0%97%e4%ba%88%e5%a0%b117日の天気予報

日中の最高気温も沖縄~西日本では平年より2度~3度高めで、西日本では「小春日和」になる所が多いでしょう。一方、北陸と東北~北海道では引き続き平年より低めで、11月下旬~12月上旬の頃の寒さが続く見込です。この他、東海や関東甲信では平年並の晩秋らしい涼しさになるでしょう。

11%e6%9c%8817%e6%97%a5%e4%ba%88%e6%83%b3%e6%b0%97%e6%b8%a917日の予想最高気温

(2016年11月17日 5時更新)



トミーです。昨日は日中の最高気温でも0度未満の「真冬日」が全国のアメダスの観測地点で22地点あり、今シーズン20地点を越えたのは11月10日の24地点、11月6日の23地点に次いで3番目に多い日でした。北海道以外では2か所あり、青森県酸ヶ湯で氷点下2度7分で全国で一番寒い地点になり、福島県鷲倉では氷点下0度1分でした。また、旭川では昨日は最深積雪が44センチに達し、11月に40センチを超えるのは2007年(平成19年)以来、9年振りになります。

 

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。