【11/13 朝イチ!】北海道を除き「小春日和」

今日、日曜日は気圧の谷の影響を受ける秋田・青森県から北海道では曇りがちで、小雨や小雪の降る所があり、九州では午後、曇って来る他は、朝の内、雲の多い所も日中は晴れて、穏やかな秋晴れになる所が多いでしょう。

11%e6%9c%8813%e6%97%a512%e6%99%82%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%88%86%e5%b8%8312時の予想天気分布
(水色:晴れ、灰色:曇り、緑・赤色:雨、赤枠・黄色:雪)

日中の最高気温も北海道で平年並か少し低めになる他は、平年より3度~5度高く、「小春日和」になる所が多く、お出かけ・紅葉狩り日和になる見込です。ただ、沖縄は30度近くまで上がり、汗ばむ位の陽気になるでしょう。

11%e6%9c%8813%e6%97%a515%e6%99%82%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b3%e6%b0%97%e6%b8%a9%e5%88%86%e5%b8%8315時の予想気温分布
(九州から本州は15度~24度の所が多い)

(2016年11月13日 4時30分更新)


トミーです。明日、14日の満月は、月と地球の距離がいつもより近く、普段より大きく見える「スーパームーン」です。国立天文台によると、満月としては1948年(昭和23年)以来68年振りの近さで、次に同じような距離の満月が見られるのは2034年頃になるということです。月の軌道は楕円(だえん)形をし、これに太陽などの重力の影響で軌道自体の位置も変わるため、地球と月の距離は常に変化し、見た目の大きさも変わります。地球と月の距離は約35万6520キロで、今年の満月で最も遠かった4月より約5万キロ近く、見た目の直径は約1.14倍になります。

11%e6%9c%8814%e6%97%a5%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%9b%b3<国立天文台より>

ただ、お天気は残念ながら下り坂に向かう所が多く、沖縄や小笠原と北日本で晴れ間が出て見られる可能性があります。

11%e6%9c%8814%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%a4%a9%e6%b0%97%e4%ba%88%e5%a0%b1明日14日の天気予報

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。