西から下り坂

秋晴れをもたらした高気圧が東北の東海上に抜け、代わって、西から気圧の谷が近づいて来ます。このため、今日は西から下り坂で、九州では雨の降り始めている所があり、中国や四国でも昼前後から雨が降り易くなる所が多い見込です。一方、鹿児島は曇りがちで、近畿は夜に入ってから雨が降り始め、東日本は日中、次第に曇って来ますが、沖縄と北日本は秋晴れの所が多いでしょう。

10%e6%9c%8816%e6%97%a521%e6%99%82%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%9b%b321時の予想天気図
(H:高気圧、L:低気圧、FOG:霧)

10%e6%9c%8816%e6%97%a515%e6%99%82%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%88%86%e5%b8%8315時の予想天気分布
(水色:晴れ、灰色:曇り、緑・赤色:雨)

日中の気温は、西日本と東海~関東で、平年並の過ごし易い陽気が続くでしょう。その他の地方は気温が上がり、平年を上回る所が多く、沖縄では30度を超える真夏日になり、北陸では25度近くまで上がり、北海道でも20度前後で北日本では寒さが和らぎ、暖かい陽気になり、行楽・お出かけ日和になる見込です。

%e6%b0%97%e8%b1%a1%e5%ba%8110%e6%9c%8816%e6%97%a5%e4%ba%88%e6%83%b3%e6%b0%97%e6%b8%a916日の予想気温

(2016年10月16日 9時更新)


トミーです。先週は急に気温が下がり一転、秋本番の気温になり、急に秋が深まった感じです。紅葉前線も関東北部の山々まで南下して来ています。これからの天気は秋らしく周期的に変わりますが、全国的には秋晴れの日が多くなる見込です。10月11日に気象庁から発表された、「エルニーニョ監視報告」によると、「ラニーニャ現象が発生しているとみられる」と発表されました。(ラニーニャ現象は南米ペルー沖の赤道付近の海面水温が6か月以上持続し、基準値に比べ0.5度以下になった場合に定義されます。)この冬(12月~2月)も続く確率が60%以上あるという予想です。ラニーニャ現象発生時の日本の天候の傾向は下記の通りで、気温は西・東日本で低めの傾向、降水量は、西・東・北日本の太平洋側で多くなる傾向です。全般に寒冬多雨の傾向でしょうか。

%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a3%e5%86%ac%e3%81%ae%e6%b0%97%e6%b8%a9ラニーニャ発生時の平均気温の傾向

%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a3%e5%86%ac%e3%81%ae%e9%99%8d%e6%b0%b4%e9%87%8fラニーニャ発生時の降水量の傾向

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。