北日本は大荒れ、西日本は秋めいた陽気

強い台風10号は、正午には福島県の東の海上を北北西に進路を変えて、加速しながら北上しています。今日の午後から夕方にかけ、強い勢力を保って、宮城県から岩手県の太平洋沿岸に上陸する公算が強まっています。上陸後、東北を横断し、今夜には青森県から日本海に抜ける見込です。このため、台風が直撃する東北では今夜遅くまで、北海道南部でも今夜遅くから明日朝にかけて、記録的な大雨・暴風・高波・高潮の発生が予測され、河川の氾濫や土砂災害、高波や高潮による浸水など厳重に警戒して下さい。台風の進行方向の右側に当たる地域では、危険半円と言われ、特に警戒する必要があり、市町村の避難勧告などに従い、早めに避難することをお勧めします。

30日12時台風10号進路予測30日12時 台風10号の進路予測

30日18時予想降水分布30日18時の予想降水分布
(赤色は強い雨)

土砂災害に警戒

土砂災害に警戒

土砂災害_前兆1

また、台風から少し離れている関東・北陸では今夜まで、北海道中部や東部では今夜から明日の朝まで風雨が強まるので十分注意して下さい。海も関東から北の太平洋沿岸では大シケに警戒し、その他、太平洋沿岸や日本海沿岸でも波やウネリが高いので注意して下さい。

30日18時予想波高分布30日18時の予想波高分布
(オレンジ色は波高5m以上)

一方、沖縄から東海西部と北海道の日本海側では晴れて、日中は北海道で厳しい残暑が続く他は、あまり気温が上がらず、平年並か平年より低く、秋めいた陽気が続く見込です。今日は35度以上の猛暑日が予想される所はありません。

30日の天気予報30日の天気予報

30日15時予想気温分布30日15時の予想気温分布

(2016年8月30日 13時30分更新)


清水社長_夏
トミーです。今年は台風1号の発生が7月で、過去2番目に遅い発生でしたが、8月に入り台風が量産されています。そして、通常の年では西日本に向かう事が多いですが、今年は東日本から北日本に向かう台風が多く、最初に上陸した台風が北海道だったことは過去1951年(昭和26年)の台風の統計開始以来、初めてでした。その後も北海道に3個も上陸したのも初めてです。台風9号は11年振りに関東に上陸しましたが、今回、台風10号が東北の太平洋沿岸に上陸するのも過去初めてで、異例ずくめです。

今年の台風の経路今年発生した台風の経路

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。