関東から東北の太平洋側は、この夏一番の暑さ?

台風の置きみやげで、今日は関東から東北の太平洋側ではフェーン現象により、この夏一番の暑さになる見込です。各地で33度を超え、東京都心でも7月7日以来、およそ1か月振りに35度を超える猛暑日になりそうです。九州から東海は引き続き厳しい残暑で、猛暑日の続く所が多いでしょう。また、夜も気温が下がらない25度以上の熱帯夜の所も多く、引き続き熱中症にかかりやすい気温です。十分警戒して下さい。一方、北陸から東北の日本海側は厳しい残暑が一服し、暑さの和らぐ所が多いでしょう。

9日15時の予想気温分布9日15時の予想気温分布

9日猛暑日の都市太文字
9日に猛暑日が予想される主な都市
(東北は33度以上)

9日5時高温注意情報
5時現在、高温注意情報が発表されている地方

台風5号は今後、三陸沖から北海道の東海上を北東に向かい、明日には千島の東海上で、温帯低気圧に変わる見込です。このため、10日昼頃まで、東北から北海道の太平洋沿岸では高波に警戒して下さい。一方、沖縄から関東の太平洋沿岸でも高いウネリが残るので、海水浴など海のレジャーは十分注意して下さい。

3時台風、12時予想波高3時の台風5号の予測と12時の予想波高分布

清水社長_夏
トミーです。今日も厳しい残暑や猛暑が続きます。昨日、気象庁から「異常天候早期警戒情報」という情報が発表されています。情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日間平均気温が「かなり高い」もしくは「かなり低い」となる確率が30%以上、または7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。今回は平均気温が「かなり高い」に該当します。8月22日までは、全国的に気温の高い状態が続くと予測されています。体調や農作物の管理に注意して下さい。

8日発表の異常天候早期警戒情報8日発表の異常天候早期警戒情報

熱中症の応急手当
消防庁提供

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。