猛暑と太平洋沿岸は土用波に注意!

今日は二十四節気の「立秋」です。暦の上では季節は秋になりますが、一年で一番暑い真夏の時期でもあります。今日も沖縄・奄美で曇りや雨か雷雨のあいにくの天気が続き、日中は平年並の蒸し暑さになるでしょう。しかし、その他の地方は太平洋高気圧に覆われ、ほぼ全国的に夏空で、日中は厳しい暑さや猛暑が続き、東北や北海道でも35度を超える猛暑日の所があります。引き続き熱中症には十分注意して下さい。

7日15時予想気温7日15時の予想気温分布

7日5時高温注意情報
5時現在、高温注意情報が発表されている地方

また、九州から関東では、午後、不安定になり、内陸や山沿いを中心に、狭い範囲ですが、雨や雷を伴い激しい雨の降る所があります。山や山沿いの川にお出かけの方は、天気の急変に注意して下さい。

7日15時予想降水域7日15時の予想降水分布

大型の台風5号が小笠原諸島の東の海上を北上しています。このため、太平洋沿岸には土用波(周期の長い<10秒前後>ウネリ)が入って来ています。特に四国から関東の沿岸では次第にウネリが高まる傾向です。2時間から3時間に1回は、2倍位の高波が押し寄せ、周期も長いため波に力があり、引き波などで沖に流され易い状態です。海水浴や釣りなどにお出かかけの方は注意して下さい。

7日15時の予想波高と3時の台風予測3時の台風5号の予測と15時の予想波高分布

清水社長_夏

トミーです。夏休みでお出かけの機会が多くなっています。海は台風の影響で太平洋沿岸には土用波が入って来ています。今日より明日、明日より明後日と更に波やウネリが高まるので、海のレジャーは注意が必要です。また、厳しい暑さも続いています。体調の管理にも注意してお過ごし下さい。

熱中症の応急手当消防庁提供

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。