西は猛暑、東日本は激しい雷雨

日本付近は昨日と同じような気圧配置で、西日本は夏空が続き、夜は25度以上の熱帯夜、日中は厳しい暑さになり、35度以上の猛暑日の続く所が多い見込です。既に今朝も各府県「高温注意情報」が発表されています。最高気温が35度を超える予報の出ている地方では、日中の外出は控え、33度以上では運動や作業は中止し、室内でも熱中症にかかりやすい気温です。引き続き熱中症には十分注意して下さい。

2日5時最高気温

2日の予想最高気温

5時現在、高温注意情報が発表されている府県5時現在、高温注意情報が発表されている府県

熱中症とは?
救急車ご呼ぼう
熱中症予防                          消防庁提供

一方、東日本から北日本の広い範囲では、東海の南海上に低気圧が停滞し、今日も大気の不安定な天気が続く見込です。このため、関東周辺では既に強い雷雨の降っている所がありますが、今夜にかけても所々で雷雲が発達し、急な雨や雷を伴う激しい雨の降る所があるので警戒して下さい。また、西日本でも山沿いを中心に雷を伴う夕立の所もあるので注意して下さい。山や山沿いの川にお出かけの方は、急な天気の急変に注意が必要です。

清水社長_夏

トミーです。西日本では夜も熱帯夜、日中は猛暑が続き、熱中症にかかりやすい日が続いています。消防庁ではおかしい?熱中症では?と思った時は、ためらわずに救急車を呼ぶように推奨しています。東・北日本では雨が降っていなくても、お出かけの時は傘を持つと安心でしょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。