北・東日本 多発性ゲリラにご用心

◆今週のポイント

東日本、週前半は雷雨頻発
西日本は夏空猛暑続く
沖縄は高波と雷雨に注意

いよいよ7月も終わり、夏本番の8月を迎えますが、出だしは寒気のいたずらや湿った空気の流れ込みで要注意の天気となります。
関東の南東海上には上空に寒気を伴った「寒冷渦」という渦巻きがあって、これが低気圧となって関東地方に近づく見込みです。

関東甲信地方を中心に断続的に発達した雨雲がかかり「ゲリラ雨多発」の状況となります。
あす火曜日にかけては目まぐるしく天気が変わり、突然ザーッと激しい雨が何回も降る見込みです。所により大雨となるおそれがありますので警戒してください。東北地方や北海道の内陸部でも午後は雷雨が起きやすいでしょう。

きのうの関東の空 雄大積雲を量産予定

きのうの関東の空 雄大積雲を量産予定

今夜18時の降水エリア予想

今夜18時の降水エリア予想

また南西諸島も台風4号の東側をまわる湿った空気の影響で、かなり大気が不安定となります。
発達した雷雲の下での激しい雨や落雷、突風などには十分ご注意ください。

週の後半はこれらの状態は次第に解消し、夏の高気圧の安定したパワーを授かり夏空が戻ってくるでしょう。
西日本は週を通して、カンカン照りの夏空と猛暑が続きますので熱中症に警戒してください。

weektenki

8月は北日本と西日本中心に気温が平年より高く、降水量が少なめになる予想です。

8月の平均気温

8月の平均気温

8月の降水量

8月の降水量

(2016年8月1日 00:00更新)


iwamoto_winter

がんちゃんです。

関東や東北は梅雨明けしたてというのに、何だか夏空が安定せず落ち着きません。本来であれば、「梅雨明け10日」といって、安定した夏晴れが続くことが多いのですが… 寒冷渦は雷雲を大量生産するため、断続的な激しい雨に注意が必要です。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。