九州〜東海 久々の雨で暑さ和らぐ

今日は日本海西部に動きの遅い低気圧が進んで来るため、九州から東海で不安定な天気になり、梅雨明け以来、久し振りに広い範囲で雨が降り易くなる見込です。これらの地域の方は、朝、お出かけの時、雨が降っていなくても傘を持つと安心でしょう。特に、九州では午後から宵の内にかけ雷を伴い激しく降る所があるので警戒が必要です。
7月25日9時予想天気図
7月25日15時天気  7月25日15時の天気分布

また、日中の最高気温は、沖縄から九州では30度を超える真夏日で、北海道でも真夏の暑さで、一部で30度前後の厳しい暑さの続く所が多いので、運動時など熱中症に注意して下さい。一方、その他の地方は、平年より低めになる所が多く、厳しい暑さが和らぐでしょう。特に近畿から東海・甲信と関東北部では一転、6月頃のしのぎ易い陽気になる見込です。
7月25日15時気温 7月25日15時の予想気温

清水社長_夏
トミーです。

東北や北海道など雪国を除き、夏休みに入られた学校が多いようですが、今日はあいにく、西日本と東海地方では不安定なお天気になります。お出かけを予定している方は、急な雨や雷雨に注意が必要です。昨日は沖縄県で、落雷でケガをされたとの報道がありました。空が暗くなって、雷鳴が聞こえたら、家や車の中など、ひとまず安全な所に避難して下さい。海や山で、直ぐ避難出来ない時は、木や電柱の側などは避け、窪地や背を低くしてしゃがむ姿勢が良いとのことです。ケガのない楽しい夏休みをお過ごし下さい。
雷しゃがみ木陰の避難

 

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。