【11/23 朝イチ!】「勤労感謝の日」 東・北日本太平洋側は午後から回復

勤労感謝の日の今日は午前中、北方と関東の南岸を低気圧が通過し、午後には西高東低の冬型の気圧配置になるでしょう。

予想天気図

九州から中国(山陰を除く)・四国では回復し朝から晴れて、近畿は朝には雨が止んで来ますが東日本や北日本は昼頃まで雨が残るでしょう。

9時の降水予測

午後は南岸の雨雲は東に抜け、東海~関東甲信と東北~北海道の太平洋側でも次第に晴れ間が出て来る見込みです。一方、冬型になるため山陰から北の日本海側では曇りや雨のシグレ模様になり、北海道の内陸では雪に変わるでしょう。

15時の降水予測

日中の最高気温は、沖縄から西日本と北陸では平年より2℃~5℃低い師走並の肌寒さになる他は、平年並か少し高めの所が多いでしょう。北海道は3℃~10℃、東北は7℃~12℃、東日本は10℃~16℃、西日本は12℃~16℃、沖縄・奄美は20℃~24℃になる見込みです。

各地の天気のポイント

北日本・東日本
北方と南岸の低気圧の通過であいにく昼頃までは雨の所が多いでしょう。北海道では内陸でミゾレや雪が混じる見込みです。

9時の予想天気分布

午後は低気圧が抜けて、太平洋側では雨が止んで回復に向かい晴れ間の出て来る所があり、日中、雨が止むと傘を持つ必要はないでしょう。一方、北陸から北の日本海側では冬型で曇りや雨か雪のシグレ模様になる見込みです。北海道では雪に変わるので注意して下さい。

15時の予想天気分布

日中の最高気温は、北陸で平年並か少し低い12月初めの頃の肌寒さ(新潟・富山・金沢12℃)になる他は、平年並か少し高い11月中旬の頃の肌寒さ(旭川4℃、札幌7℃、秋田9℃、長野10℃、仙台12℃、東京14℃、名古屋15℃、横浜16℃、甲府17℃)の所が多いでしょう。また、午後は木枯らしが吹いて、体感的には気温より寒さを感じるので冬の服装でお出かけ下さい。

沖縄・奄美・西日本
低気圧が東に抜け、
九州・中国(山陰を除く)・四国では朝から晴れて、近畿(北部を除き)は昼前には雨が止んで午後には晴れて来るでしょう。沖縄・奄美は一日曇りがちの天気が続く見込みです。一方、山陰から近畿北部の日本海側は雲が多く、午後~夜は雨が降りシグレる所が多くなるでしょう。

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、平年より2℃~5℃低い師走並の肌寒さになる所が多く、西日本は(広島・松江・福岡12℃、京都・熊本13℃、大阪・松山14℃、鹿児島15℃、高知16℃)、沖縄・奄美(名瀬20℃、那覇・石垣島22℃、南大東島24℃)で、25℃以下で夏日のところはないでしょう。午後は日本海側を中心に木枯らしが吹いて、体感的には一層寒さを感じるので冬の服装でお出かけ下さい。

今日のヒトコト

今日は「勤労感謝の日」で国民の祝日です。西日本は回復し晴れて行楽日和でしょう。一方、東・北日本はあいにく昼頃まで雨の降る所が多いですが、午後は太平洋側で雨が止んで回復向かうので、お出かけは午後が良いでしょう。ただ、午後は木枯らしが吹いて体感的には一層寒さを感じるので冬の服装で暖かくしてお出かけ下さい。山陰から北の日本海側はシグレ模様になり、北海道では雪に変わって来るので注意して下さい。



トミーです。あと1週間で師走に入りますが、西日本では平野部でもイチョウが黄葉し、東日本ではイロハカエデの紅葉が平野部まで南下して来て見頃になって来ています。週末は日本海側ではシグレ模様になる所が多いですが、太平洋側では土曜日は晴れ、日曜日は曇り空の所が多く天気の崩れはなく、行楽・もみじ狩り日和が期待出来るでしょう。

22日:神奈川県川崎市

昨日は静岡・京都からイチョウの黄葉、宇都宮からイロハカエデの紅葉の便りが届きました。
また、季節の便りは気温の低い状態が続いて21日に続き北陸・近畿を中心に各地で観測されました。金沢・福井・彦根・京都・奈良から初霜、前橋・新潟・富山・福井・彦根・奈良からは初氷の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。