【11/21 朝イチ!】 北日本の日本海側は雪や雨で、全国的に師走の寒さが続く

今日も沖縄と北陸・東北から北海道の日本海側で曇りや雨か雪で、北海道北部の内陸や日本海側は大雪の恐れがあるので午前中いっぱいは雪の降り方に注意して下さい。その他の地方は晴れる所が多い見込みです。

予想天気図

日中の最高気温は、沖縄南部で平年並の他は、広い範囲で12月頃の寒さが続き、年末~お正月の頃の厳しい寒さの所もあるので、今日も防寒対策をしてお出かけ下さい。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
今日も午前中は冬型の気圧配置が続くため、日本海側や内陸を中心に雪か雨が降り、北海道北部の内陸や日本海側では午前中いっぱいはまとまった降雪になるので、大雪や風雪に注意して下さい。ただ、午後は冬型は緩むため、雪の止む所が多くなりそうです。一方、太平洋側では晴れる所が多い見込みです。

12時の天気予想分布

09時の降水予測

日中の最高気温は、平年より5度前後も低い12月頃の寒さが続き、一部では年末からお正月の頃の厳しい寒さの続く所もあるので、今日も防寒対策をしてお出かけ下さい。(福島・仙台7℃、秋田5℃、青森3℃、札幌・根室1℃、稚内-1℃、旭川-2℃)

西日本・東日本(九州~関東・北陸)
午前中は冬型の気圧配置が続くため、山陰と近畿北部では曇り空が続きますが、天気の崩れはほとんどないでしょう。一方、北陸では午前中を中心に雨か雪が降り易いですが、次第に降り方は弱まり、午後は雨や雪の止む所が多くなる見込みです。一方、その他の地方は晴れる所が多いでしょう。ただ、午前中は東海・関東・北陸で風が強めに吹く所が多いので注意して下さい。

12時の天気分布

09時の降水予測分布

日中の最高気温は、昨日より上がる所もありますが、まだ12月頃の師走の寒さの所が多く、一部ではお正月~1月中旬頃の真冬のような厳しい寒さの所もあり、東海~関東は風も冷たいので、今日も防寒対策をしてお出かけ下さい。(鹿児島15℃、福岡・静岡14℃、広島・名古屋・甲府13℃、鳥取・和歌山12℃、大阪・東京11℃、福井9℃、新潟7℃)

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
今日も湿った空気が流れ込むため、先島諸島では午前中を中心に雨が降り易くなりますが、降り方は弱いでしょう。また、大東島地方では雲の間から晴れ間が見られる見込みです。

12時の天気分布

日中の最高気温は、沖縄本島~奄美は平年より低く、12月頃の肌寒さが続き、風も冷たいので、今日も服装に注意してお出かけ下さい。(那覇22℃、名瀬20℃)一方、先島諸島と大東島では平年並(石垣島25℃、南大東島24℃)の陽気で、過ごし易いでしょう。



ケイです。19日から始まった冬型の気圧配置は今日の午後には緩み、午後は広い範囲で高気圧に覆われるでしょう。北日本の雪も午後には止む所が多くなりそうです。午前3時までの積雪は北海道幌加内で82cmを観測し、全国で最も積雪が多くなっています。また、昨日は全国的に寒くなり、最高気温が0℃に届かない「真冬日」の地点が全国で134ヶ所(富士山は除く)とこの秋で最も多く、最も低かったのは、青森県酸ヶ湯で-5.5℃までしか上がらず、真冬の頃の厳しい寒さになりました。最低気温も全国的に冷え込みが強まり、最低気温が0℃を下回る「冬日」の地点が全国で451ヶ所とこちらも最も多く、最も低かった地点は北海道の占冠で-17.3℃まで下がり、お正月の頃の厳しい冷え込みになりました。この寒さは少なくとも今週いっぱいは続く見込みなので、体調を崩さないように注意して下さい。

昨日は、仙台で平年より10日遅く、初霜を観測し、松山では平年より16日も早く「更ヶ峰」で、仙台では平年より14日も遅く「泉ヶ岳」で初冠雪を観測しました。
一方、富山でイチョウの黄葉が観測され、広島・岡山・徳島ではイロハカエデの紅葉の便りも届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

野球・サッカー・ゴルフにテニス、ラグビーまで、とにかくスポーツが大好き!好きな食べ物をしいてあげるならラーメンとお好み焼き!とくればハッスル系男子か⁈と思いきや、星を眺めるのが大好きだからこの仕事をしています!とロマンチストな一面をチラッと見せるナイスミドル。