【11/16 朝イチ!】日中はこの秋一番の寒さ! 東北で初雪?

東北の上空5,000m付近には氷点下30℃の強い寒気が南下し、この秋一番の冬型の気圧配置になっています。このため、沖縄県先島諸島と九州北部から北の日本海側では曇りや雨か雪でシグレ模様が続き、東北では「初雪」の降る所がある見込みです。一方、沖縄本島~九州と太平洋側では晴れか雲の多い晴れの所が多いでしょう。

予想天気図

日中の最高気温は、平年並か平年より3℃~6℃も低い師走の頃の肌寒さの所が多いでしょう。北海道は1℃~7℃、東北・北陸は6℃~10℃、九州~関東は11℃~18℃、沖縄・奄美は22℃~27℃になる見込みです。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
冬型の気圧配置が続くため、日本海側とオホーツク海側では曇りや雨か雪のシグレ模様が続き、北海道は雪が降りやすく、東北でもミゾレや雪に変わりこの秋はじめて「初雪」を観測する所があるでしょう。東北の峠や山沿いでもまとまった雪の降る所もあるので注意して下さい。一方、太平洋側では東北北部や道南では雲の多い天気ですが、東北南部や道東では晴れや雲の多い晴れの所が多い見込みです。

9時の予想天気分布

日中の最高気温は平年より2℃~5℃低い11月下旬~12月中旬の頃で、この秋一番の肌寒さになる所もあるでしょう。北海道は5℃以下(稚内1℃、旭川2℃、札幌4℃、網走・函館5℃、釧路7℃)で、東北は10℃以下(青森6℃、山形7℃、盛岡8℃、秋田・福島9℃、仙台10℃)で寒くなるので暖かい服装でお出かけ下さい。

西日本・東日本(九州から関東甲信)
の秋一番の冬型で、九州北部~山陰で曇りがちで、近畿北部~北陸と岐阜県北部・長野県北部や関東北部の山沿いでは曇りや雨のシグレ模様になる所が多いので傘を持ってお出かけ下さい。また、山沿いではミゾレや雪の混じる所もあり、峠や山地では積もる恐れもあるので注意して下さい。一方、九州から太平洋側では晴れか雲の多い晴れの所が多い見込みです。

9時の予想天気分布

日中の最高気温は、平年より3℃~6℃も低く11月下旬~12月中旬で、この秋一番の寒さになる所も多いので暖かい服装でお出かけ下さい。東日本は(新潟8℃、長野9℃、金沢10℃、松江11℃、名古屋12℃、前橋・さいたま14℃、東京・横浜・甲府15℃)、西日本は(松江11℃、大阪・京都13℃、広島・福岡14℃、熊本15℃、宮崎・鹿児島18℃)の見込みです。

沖縄・奄美(沖縄・奄美諸島)
奄美諸島と大東島では秋晴れですが、沖縄本島は次第に曇って、先島諸島は雨が降り易くなるでしょう。

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、石垣島で平年より高い27℃まで上がりますが、名瀬では11月下旬の22℃前後で涼しさを感じる他は、平年並(那覇・南大東島・宮古島25℃)の過ごし易い陽気が続く見込みです。

今日のヒトコト

今朝4時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、日本海では大陸のすぐ沖から筋状の雲が見られ、強い寒気が南下して来ていることが分かります。日中は全国的に気温が上がらず、この秋一番の寒さになるところが多くなる見込みです。暖かい服装でお出かけ下さい。

4時の気象衛星ひまわり雲画像

また、初雪も北海道では全ての観測地点で観測されていますが、本州ではまだで、今日は東北から初雪の便りがありそうです。昨日の富士山頂の気温は最高気温が-10.1℃で、この秋初めて-10℃以下で、最低気温も-14.7℃と最も低い気温を観測しています。



トミーです。今回の寒気は今日がピークで、明日は一旦冬型は解消しますが、日曜日から週明けにかけて再び寒気が南下し強い冬型になり、気温も更にグンと下がり寒さが増す見込みです。これから12月にかけ周期的に寒気が南下し寒暖の変動が大きくなり、体調を崩しやすい天気が続くので健康の管理に注意してお過ごし下さい。また、日本海側では山沿いを中心に急に積雪が増える所があるので大雪にも注意が必要です。

昨日は水戸から平年より3日早く、長野から7日早くイチョウの黄葉、津からは11日早くイロハカエデの紅葉の便りが届きました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。