【10/11 朝イチ!】沖縄~西・東日本は厳しい残暑、北日本は晩秋の寒さ

日本海低気圧から秋雨前線が東北に伸びています。北日本は曇って、前線周辺の東北では雨が降り易く、午後は北海道南部~中部でも雨が降り始める見込みです。一方、沖縄と北陸では曇りがちですが、九州から関東にかけての広い範囲で晴れる所が多いでしょう。

予想天気図

日中の最高気温は、沖縄・奄美では引き続き30℃を超え、西日本と東北南部は今頃(平年)より3℃~5℃、東日本は4℃~8℃も高く、25℃~30℃の9月頃の厳しい残暑になる所が多いでしょう。一方、東北北部から北海道は今頃から3℃~6℃も低く、10月下旬から晩秋の頃の寒さになる見込みです。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
日本海低気圧から伸びる秋雨前線の影響で、曇りや雨の所が多いでしょう。特に前線に近い東北では今日も雨が降り易く、お出かけの時、雨が降っていなくても傘を持つと安心です。

9時の降水予測

午後は低気圧の接近で、北海道南部から中部にも雨が広がる見込みです。渡島檜山、胆振日高、石狩後志地方の方は傘をもってお出かけ下さい。

15時の降水予測

日中の最高気温は、東北南部の内陸では残暑(山形22℃、福島24℃)ですが、東北南部の太平洋側・東北北部から北海道では今頃より3℃~6℃も低く、10月中旬~11月上旬(札幌11℃、旭川・青森・盛岡14℃、秋田18℃、仙台19℃)で、日中でもコートや暖房が欲しい寒さが続く見込みです。

東日本・西日本(九州~関東・北陸)
北陸では曇りがちで、新潟県では一時雨の降る所があるでしょう。この他の地方は今日も晴れる所が多いですが、日本海側や東日本では夜には曇って来る見込みです。

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、引き続き厳しい残暑(東京・大阪・高知29℃、長野・金沢・広島・福岡28℃、名古屋・甲府・熊谷・静岡・宮崎30℃、鹿児島31℃)で、汗ばむ陽気が続くでしょう。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
奄美では晴れますが、大東島は午後から曇って、沖縄本島や先島諸島では曇りがちで、先島諸島では昼前後一時雨の降る所があるでしょう。

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、今日も30℃超える「真夏日」(名瀬・那覇・南大東島31℃、石垣島32℃)で、厳しい残暑が続く見込です。

今日のヒトコト

東北に伸びる秋雨前線を境に、北は晩秋の頃の寒さですが、南は厳しい残暑が続くでしょう。特に東日本の東海・山梨・関東でも30℃の「真夏日」になる所があり、鹿児島では4日連続の真夏日になりそうです。「暑さ対策」をし、「熱中症」にも注意して下さい。



トミーです。沖縄・奄美は厳しい残暑が続いてますが、西日本や東日本でも今週に入り気温が上がり、季節外れの厳しい残暑になっています。しかし、この暑さも沖縄・奄美を除き、今日がピークで、西日本は明日・木曜日から、東日本は明後日・金曜日から気温が下がり、週末には一転、晩秋の頃の涼しさになる見込みです。また、天気も明日以降は下り坂で曇りや雨の、秋雨が来週前半まで続くので、今日の晴天を有効に使って下さい。

昨日は津と水戸からモズの初鳴、名古屋からはアキアカネ(赤トンボ)の初見の便りが届きました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。