【9/4 朝イチ!】北日本は秋晴れ 九州北部~東海はカラッとした暑さに

9月最初の月曜日は、沖縄から九州で曇りや雨、関東も南部を中心に曇りがちで、雨の降る所がある他は、晴れる所が多いでしょう。日中は沖縄・奄美で30℃以上、九州南部を除く西日本から東海でも今頃(平年並)の30℃前後まで上がり、残暑が続きそうです。ただ、九州北部から東海では湿度が低く、初秋らしいカラッとした暑さの所が多いでしょう。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
秋晴れの所が多いでしょう。ただ、北海道の日本海側と内陸では、大気の状態が不安定になり、急なにわか雨や雷雨に注意して下さい。

15時の降水予測

日中の最高気温は、昨日と同じか高い所が多いでしょう。特に、昨日肌寒かった北海道北部や東部では5℃以上も高くなる所があり、初秋らしい陽気の所が多くなる見込みです。東北では朝晩はヒンヤリする所が多いですが、日中は25℃を超えて、長袖では暑い位の陽気になりそうです。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
関東では雲が広がり易く、南部では雨の降る所もありそうです。また、伊豆諸島でも午前中を中心に雨の降る所があるでしょう。一方、北陸では一日、秋晴れで、東海や甲信では雲の多い晴れの所が多い見込みです。

12時の雲予測(白い所が雲)

日中の最高気温は、長野県や北陸で昨日より高くなる所が多い他は、昨日と同じ位の所が多いでしょう。東海・甲信・北陸は今頃の残暑で、30℃以上の「真夏日」になる所もありますが、湿度が低く、カラッとした暑さの所が多い見込みです。一方、関東は30℃に届かず、特に関東南部では25℃前後で、9月下旬から10月上旬頃の上着を着て丁度良い位の陽気になる所が多いでしょう。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
九州は下り坂で雲の広がる所が多く、南部を中心に雨が降り易く、午後は強く降る所もあるので注意して下さい。この他の地方は四国で雲が多いですが、秋晴れの所が多い見込みです。

18時の降水予測

日中の最高気温は、九州北部から近畿で今頃の30℃前後まで上がり残暑が続きますが、湿度は50%以下と低く、カラッとした暑さになる所が多いでしょう。一方、天気が崩れる九州南部では30℃に届かず、昨日より3℃~5℃も下がり、厳しい残暑から解放される見込みです。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
今日も不安定な所が多く、奄美諸島は雨が降り易く、朝まで雷雨で激しく降る時もあるので注意が必要です。沖縄は大東島で曇り空、八重山は午後から曇る他は、日中、晴れるでしょう。ただ、本島では昼過ぎまで雨か雷雨の所がありそうです。

15時の降水予測

日中の最高気温は今頃の31℃~32℃で、残暑で蒸し暑さが続く見込みです。

今日のヒトコト
台風15号は昨日の夜に温帯低気圧に変わり、日本から更に遠ざかりますが、伊豆諸島から北海道の太平洋沿岸では日中いっぱいウネリを伴った高い波が残るので、引き続き注意して下さい。



アルスです。きのうは沖縄と奄美諸島の9地点で33℃以上まで上がり、9月としては1位の値を更新した地点もありましたが、9月に入って、3日連続35℃以上の「猛暑日」の所はありませんでした。
一方、北日本や東日本の内陸を中心に朝晩はヒンヤリし、北海道上川地方幌加内町朱鞠内では最低気温が4.0℃と、10月はじめ頃の冷え込みでした。季節の変わり目のこの時期、日中は気温が上がっても、朝晩はヒンヤリして、服装選びに悩む時期ですね。服装選びに失敗して、体調を崩さないようにして下さい。

昨日は奈良からモズの初鳴、山形からはアキアカネの初見の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ストレスがたまると窓際席指定で航空券をゲットし、上空から雲を眺めて自分を癒す。最新の気象知識を得るための努力を常に怠らず、気象現象はできるかぎり“体感”を心がけ、動画配信サイトでも常に気象関連の動画をチェックするという天気集中生活を送る。夜勤明けのビールがココロとカラダに染みる今日この頃。