【8/27 朝イチ!】初秋を前に、大陸育ちの高気圧に覆われ一足早く秋の気配

夏(8月)最後の日曜日、九州から関東の太平洋側で雲が広がり易い他は、日本海側と北日本を中心に穏やかに晴れて、行楽・お出かけ日和の所が多いでしょう。

予想天気図

日中の最高気温は、近畿で厳しい残暑になる他は、全国的に今頃(平年並)の残暑になる所が多いでしょう。ただ、大陸育ちの移動性高気圧に覆われるため、カラッとした陽気で、夏特有の蒸し暑さはなく、朝晩を中心に秋の気配を感じる所が多い見込みです。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
北海道で朝方まで小雨の降る所がありますが、朝にはは止んで、穏やかに晴れて、行楽・お出かけ日和になるでしょう。

日中の最高気温は、一部で秋めいた陽気(旭川24℃)になる他は、厳しい残暑(仙台29℃、帯広28℃、釧路25℃)や、今頃の残暑(札幌26℃、秋田・盛岡28℃、山形・福島30℃)の所が多いでしょう。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
北陸や東海の内陸、甲信では朝から穏やかに晴れて、行楽・お出かけ日和になるでしょう。一方、南岸に停滞する前線の影響で、東海の太平洋沿岸や関東では雲の多い晴れの所が多く、関東南部の東京・神奈川・埼玉では雲が取れにくく、曇りがちになる見込みです。午後は南部の一部で夕立の心配がありますが、大降りする所はないでしょう。

15時の降水予測

日中の最高気温は、関東で昨日より3℃~6℃も下がり、9月上旬~中旬のしのぎ易い陽気(東京・横浜・前橋29℃、さいたま・宇都宮28℃)になるでしょう。この他の地方は甲府で真夏並の33℃になる他は、今頃の残暑(名古屋・福井32℃、長野・金沢31℃、新潟29℃)の所が多い見込みです。八丈島29℃で今頃の残暑、父島は33℃で厳しい残暑が続くでしょう。

西日本(九州・中国・四国・近畿)
九州北部・中国・近畿では朝から穏やかに晴れる所が多いでしょう。紫外線はまだ「非常に強い」ので、紫外線対策をしてお出かけ下さい。一方、太平洋側の九州南部から四国では曇り(鹿児島大隅・高知)や、雲の多い晴れの所が多い見込みです。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、近畿南部で厳しい残暑(京都35℃、大阪・和歌山34℃、神戸33℃)になるので、「熱中症」に注意して下さい。この他の地方は今頃の残暑(福岡・熊本・鹿児島33℃、広島・松山・長崎32℃、舞鶴・松江・高知31℃)の所が多いでしょう。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
今日も晴れて、行楽日和の所が多いでしょう。ただ、八重山では夕立の心配がありますので一応注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、今頃か厳しい残暑(名瀬32℃、那覇34℃、南大東島・石垣島33℃)の所が多く、「暑さと紫外線対策」をしてお出かけ下さい。ただ、紫外線はこれまで続いたランクが最も高い「極端に強い」から、「非常に強い」ランクに下がっています。

今日のヒトコト
昨日の最高気温のトップは静岡市の38.0℃でしたが、38℃台まで上がったのは8月9日以来17日振りでした。また、千葉県鴨川36.7℃、静岡県稲取36.4℃は、1978年の観測開始以来39年間で一番高い気温を観測しました。なお、35℃以上の猛暑日の地点は25日の72か所から、昨日は18か所に大幅に減っています。今日は更に少なくなる見込みです。
今日は大陸育ちの移動性高気圧が日本海から東北北部を通過し、日本列島は秋の空気に覆われるため、晴れる所でも厳しい残暑になる所は少なく、カラッとした暑さで、朝晩を中心に秋の気配を感じる所が多いでしょう。



トミーです。8月も最後の日曜日で、夏も終わりに近づいています。沖縄や西日本では夏らしい8月でしたが、東日本・北日本では太平洋側を中心に晴れる日が少なく、不順な8月になりました。東京都心では8月1日~21日まで歴代2番目に長い連続21日間の降水日数を記録しましたが、東北の仙台では、この記録を大幅に上回る、7月22日~昨日8月26日まで、連続36日間の降水日を観測しています。1927年の観測開始以来90年間で、最も長い連続降水日数ですが、今日は安定した晴れで雨は降らない予報です。

今日は近畿を中心に、沖縄と西日本で高温に注意が必要です。

5時現在 高温注意情報発表中の府県
(オレンジ色)

(気象庁提供)

8月25日、千葉市の最高気温は36.3度で今年3回目の猛暑日で、一番の暑さを観測しました。しかし、夕方の空は高積雲が主体で、秋を感じる空でした。

25日夕日:千葉県で撮影

昨日は宇都宮からススキの開花、名古屋からはエンマコオロギの初鳴など秋の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。