【8/7 朝イチ!】台風5号 四国から近畿へ 猛烈な雨に厳重警戒!

台風5号は、午前3時現在、四国の足摺岬付近をゆっくり北東に進んでいます。今日の昼前には高知県東部に接近・上陸する可能性が高まっており、その後は夜にかけて近畿に進むでしょう。交通機関が大きく乱れる可能性があるので、交通情報を確認するなど、早め早めの行動とともに、ムリをしない行動も心掛けて下さい。

台風の動きが遅いため、四国・中国、近畿から東海を中心に大荒れの天気が続き、記録的な大雨になる所もあるので、土砂災害や河川の増水、氾濫など厳重に警戒して下さい。また、関東甲信や北陸西部でも、午後から雨が降り、激しく降る所があるので警戒して下さい。
日中の最高気温は、九州と関東・北陸、北日本の日本海側で厳しい暑さで、特に九州と北陸では35℃を超える所もあり、猛暑になるので、引き続き「熱中症」に十分注意してお過ごし下さい。

予想天気図

九州南部から伊豆諸島でシケとなり、特に四国から東海沿岸では波高6m~8mの大シケになる所もあるので、ウネリを伴った高波に厳重に警戒して下さい。

12時の予想波高

四国~近畿は5m以上

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
東北~北海道の太平洋側は曇りがちで、東北では雨も降り易いでしょう。また夜は福島県で強く降る所もありそうです。一方、日本海側は晴れる所が多い見込みです。

日中の最高気温は、北海道のオホーツク海側と太平洋沿岸で20℃~25℃、東北の太平洋沿岸でも25℃前後の所が多く、平年(今頃)を下回るでしょう。一方、内陸や日本海側では今頃か厳しい暑さになり、特に山形・秋田県では35℃近くまで上がる所もあるので、「熱中症」に十分注意して下さい。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
東海は雨で、南東または南斜面を中心に非常に激しい雨が降り、1時間80mm~100mmの猛烈な雨の降る所もあるでしょう。三重県を中心に雨量が非常に多くなるので、河川の増水や氾濫・低い土地の浸水や土砂災害に警戒が必要です。その他の地方も下り坂で、午後は雨の降る所が多くなり、関東甲信や北陸西部では、非常に激しく降る所もありそうです。お出かけの際に雨が降っていなくても、傘など雨具の用意が必要です。なお、新潟県では日中いっぱい晴れる見込みです。

18時の降水予測

日中の最高気温は、新潟・富山・石川県では今日も気温が上がり、35℃以上の猛暑日になる地点が続出するでしょう。また関東でも厳しい暑さの続く所が多く、湿度も高くなるので、「熱中症」に十分注意して下さい。東海・甲信では平年並に戻り、厳しい暑さは和らぎますが、蒸し暑くなりそうです。また伊豆諸島も30℃を超える厳しい暑さが続くでしょう。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
九州では朝のうち北部(特に大分県)で強い雨の残る所がありますが、日中は南部から回復するでしょう。ただ、これまでの雨で地盤の緩んでいる所があるので、引き続き土砂災害には警戒が必要です。四国・中国・近畿は雨で、所々で激しい雨が降り、特に四国の太平洋側と近畿中部・南部では、所によって1時間80mm以上の猛烈な雨が降るので、河川の増水や氾濫、浸水害、土砂災害に厳重に警戒して下さい。また沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、太平洋側は高波や高潮にも警戒して下さい。

6時~18時までの12時間降水量予測

四国・中国・近畿で大雨

日中の最高気温は、四国・中国・近畿では30℃前後で、昨日より大幅に低くなる所が多いですが、湿度が高く蒸し暑いでしょう。一方、九州では気温が上がり、厳しい暑さが戻る見込みです。特に南部では昨日より気温が大幅に高くなり、35℃を超える猛暑日になる所もありそうです。九州では「熱中症」に十分注意してお過ごし下さい。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
沖縄本島や奄美諸島では、湿った空気が残る影響で、午前中を中心に雨が降り易く、雷雨にも注意して下さい。先島諸島では大体晴れるでしょう。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、32℃~34℃で、厳しい暑さになる所が多いでしょう。先島諸島では日差しが強いので、「紫外線対策」をしっかりしてお出かけ下さい。

今日のヒトコト
四国・中国・近畿・東海は台風の動きが遅いため、大荒れの天気が長く続き、南東もしくは南斜面の地域を中心に記録的な大雨になる恐れがあります。地元の自治体から発表される避難情報などに注意して下さい。また交通機関に大きな影響が出る恐れもあるので、通勤される方などは早めの行動・確認をお願いします。



アルスです。昨日はフェーン現象で日本海側で特に気温が上がり、島根県益田では39.3℃と、観測史上1位の値を更新したのをはじめ、福井・京都・広島・島根・香川・山口の各府県の12地点で観測史上1位の猛暑になりました。35℃以上の猛暑日となったのは111地点で、今年最多になりました。一方、群馬県では記録的短時間大雨情報が発表されるなど、所々で激しい雨が降りました。

昨日の最高気温

気象庁提供

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ストレスがたまると窓際席指定で航空券をゲットし、上空から雲を眺めて自分を癒す。最新の気象知識を得るための努力を常に怠らず、気象現象はできるかぎり“体感”を心がけ、動画配信サイトでも常に気象関連の動画をチェックするという天気集中生活を送る。夜勤明けのビールがココロとカラダに染みる今日この頃。