【7/23 朝イチ!】沖縄~関東は暦通りの暑さ、東北・北陸は大雨に警戒!

沖縄から西日本と北海道の日本海側で晴れますが、東海から関東は曇りがちの他は、あいにく雨の降る所が多く、北陸から東北の日本海側を中心に激しく降る所もあるので警戒して下さい。
日中の最高気温は、北陸から東北と北海道では今頃(平年並)か7月上旬の頃の蒸し暑さになる他は、「大暑」らしく、今頃か厳しい暑さになり、特に九州では35℃を超える猛暑日の所もあり、「熱中症」には引き続き注意してお過ごし下さい。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
北海道では道南と日本海側で晴れ間が出る他は、道東や東北の太平洋側の一部で曇る他は、あいにく、停滞する活発な梅雨前線の影響で、今日も雨の降る所が多く、特に東北の日本海側では雷を伴い激しく降る所があり、秋田県では土砂災害警戒判定メッシュ情報で、非常に危険や極めて危険な所があるので厳重に警戒して下さい。4時現在、秋田県。岩手県内陸に大雨警報・土砂災害警戒情報、山形県庄内・最上に大雨警報が発表中です。土砂災害や河川の氾濫など十分警戒して下さい。この他、日高・釧路根室・網走と福島県を除く東北の各県に雷注意報も発表中です。

4時現在:土砂災害警戒判定メッシュ情報

(気象庁提供)

9時の降水予測

東北の日本海側の大雨は午後まで続き、夕方以降は止んで来る所が多い見込みです。

日中の最高気温は、北海道と東北の一部で真夏並の暑さ(札幌27℃、旭川29℃、仙台28日)の所がある他は、今頃(稚内21℃、青森26℃、福島29℃)か、6月下旬~7月中旬の頃の蒸し暑さ(網走19℃、盛岡24℃、秋田26℃、山形27℃)の所が多いでしょう。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
活発な梅雨前線の影響で北陸ではあいにく雨の所が多く、岐阜県や長野県と関東北部でも次第に雨が降り易くなるので、傘を持ってお出かけ下さい。特に北陸では午後、雨か雷雨で激しく降る所が多くなるので注意して下さい。東海から関東南部・山梨県では曇りがちですが、内陸ほど午後から夜は雨の降る所もあるので、お出かけの時、傘を持つと安心でしょう。4時現在、北陸4県と岐阜・三重・栃木県に雷注意報が発表中です。

15時の降水予測

21時の降水予測

日中の最高気温は、一部で今頃より低い所(新潟・長野28℃)もありますが、今頃か真夏並の蒸し暑さ(東京32℃、横浜・さいたま・名古屋・甲府・金沢31℃)になる所が多い見込みです。なお、八丈島31℃で真夏並、父島は30℃で今頃の暑さです。

西日本(九州・中国・四国・近畿)
九州は夏空が広がりますが、この他の地方は、雲の多い晴れの所が多いでしょう。ただ、今日も午後から夜にかけ、内陸や山沿いを中心に各地で急なにわか雨や雷雨の降る所があるので、山などにお出かけの方は注意して下さい。

日中の最高気温は、今頃の暑さ(大阪・京都・広島・宮崎32℃、鹿児島33℃、高知31℃)の所が多いですが、九州では大暑らしく、厳しい暑さ(大分・佐賀・熊本34℃、長崎33℃)が続き、猛暑(福岡35℃、大分県日田36℃)になる所もあり、「暑さと紫外線対策」をし、引き続き「熱中症」にも十分注意してお過ごし下さい。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
今日も夏空が広がりますが、大東島地方は曇り空になるでしょう。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、引き続き真夏並の厳しい暑さ(石垣島・宮古島34℃、名瀬・那覇・南大東島33℃)が続くでしょう。「暑さと紫外線対策」をしっかりしてお出かけ下さい。

今日のヒトコト
北陸や東北では「梅雨空」が続き、特に秋田・山形県・岩手県内陸では引き続き大雨に警戒が必要です。
昨日は東北を中心に大雨が降り、7月として1時間降水量の日最大値が北海道で9か所、青森県で10か所、秋田県で8か所など全国で30か所の地点で、記録を更新しました。また、日降水量も秋田県横手の262.0mmを最多に、青森・秋田・岩手県の11か所で最多記録を更新しました。



トミーです。今日は二十四節気の一つ「大暑」です。8月7日の「立秋」の頃までが一年で一番暑い季節になります。立秋の前日6日まで「暑中」です。夏の土用の丑の日は、今年は7月25日(火)と8月6日(日)の2回あります。木曜日に発表された、1か月予報(8月21日まで)によると、平均気温は全国的に今頃(平年)より高い予報で、特に沖縄から九州は「かなり高く」、暑い夏が続きます。ただ、降水量は沖縄・奄美を除き「多く」、日照時間は沖縄・奄美を除き「少ない」予報で、夏としてはやや不純な天候になる懸念があります。

昨日は宇都宮・新潟からアブラゼミの初鳴の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。