【7/11 朝イチ!】九州北部は再び激しい雨に警戒し、全国的に厳しい暑さに注意!

きょう火曜日は、西日本と北海道で大気の状態が不安定で、にわか雨か雷雨が降り、九州北部と山陰・北海道の日本海側は激しく降る時があるので注意して下さい。一方、沖縄・奄美と関東から東北は晴れ間の広がる所が多いでしょう。気温は昨日のような「猛暑日」になる所は少ない見込みですが、まだ今頃(平年)より高く、厳しい暑さの所が多いので、今日も「熱中症」に注意して下さい。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
北海道は梅雨前線が接近するため、天気は下り坂で、午後以降は北海道西部や北部で雨か雷雨が降り、激しく降る時もあるので注意して下さい。また、北海道東部や東北でも午後は不安定になり、雨か雷雨の降る時があり、雨足の強まる時もあるので、突然の強い雨に注意して下さい。

15時の降水予測

日中の最高気温は、昨日より少し下がる所もありますが、まだ広い範囲で、今頃(平年)より高く、真夏の厳しい暑さが続き、内陸の山形と若松は35℃の「猛暑日」が続くので、今日も熱中症に警戒して下さい。また、その他の地方も30℃を超える「真夏日」の所が多く、(仙台・秋田32℃、青森・札幌30℃)で、こちらも厳しい暑さが続くので、熱中症に注意して下さい。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
東海・北陸地方は、湿った空気の影響を受けるため、多少晴れ間の出る時はありますが、不安定で、午後以降は夕立の降る時があり、岐阜県では激しく降る時もあるので、突然の強い雨に注意して下さい。関東・甲信・伊豆諸島は引き続き晴れ間が広がりますが、内陸や山沿いでは午後に入ると不安定になり、雨か雷雨の降る時があり、激しく降る時もあるので注意して下さい。小笠原諸島も不安定で、夕立に注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の気温は、昨日よりも下がる所もありますが、まだ真夏のような厳しい暑さの所が多いので、(熊谷33℃、前橋・東京・宇都宮32℃、甲府・銚子31℃)今日も、「熱中症」に注意してお出かけ下さい。ただ、今日は35℃を超える「猛暑日」になる所はない見込みです。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
昨日に引き続き大気の状態が不安定で、九州北部と山陰では午後以降は雨か雷雨が降り、激しく降る所もあり、7月5日以降記録的な大雨の降った福岡県や大分県では少しの雨でも土砂災害の発生する可能性があるので厳重に警戒して下さい。その他の地方も所々でにわか雨や雷雨で、一時的に強く降る時もあるので、突然の強い雨に注意して下さい。

15時の降水予測

日中の最高気温は今頃(平年)か今頃より高く、(京都34℃、大阪・高松33℃、福岡・徳島32℃)今日も厳しい暑さが続くので、熱中症に警戒してお出かけ下さい。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
沖縄地方では広い範囲で夏空が広がり、今日も強い紫外線が降り注ぐので注意して下さい。奄美地方でも夏空が広がりますが、北部の十島村では午前中は不安定で、急な雨に注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は31℃~34℃で、厳しい暑さが続くので、「暑さと紫外線対策」をして下さい。

今日のヒトコト
昨日は九州ではまとまった雨は降りませんでしたが、近畿から東海と北海道の内陸で雷雲が発達し、愛知県小原で1時間雨量で58mmの非常に激しい雨を観測しました。今日は、小康状態だった九州北部でも午後に入ると再び激しい雨の降る恐れがあるので、河川の氾濫や土砂災害などに厳重に警戒して下さい。

 

 



ケイです。昨日も関東甲信と東北で、厳しい暑さになった所が多く、35℃を超える「猛暑日」の地点は一昨日は17地点でしたが、昨日は38地点に増え、特に気温の高かった地点は群馬県館林で37.8℃、福島県福島で37.7℃と猛暑になりました。また、30℃を超える「真夏日」の地点は沖縄から北海道の全国で観測し、一昨日は507地点でしたが、昨日は642地点で、今年一番の暑さになりました。今日も昨日ほどではありませんが、全国的に厳しい暑さが予想されるので、「熱中症」に注意してお出かけ下さい。
昨日は佐賀・長崎・鳥取・静岡・秋田・函館でアブラゼミ、大阪・福島・秋田からはニイニイゼミ、福島ではミンミンゼミの初鳴の便りが、宮崎からはサルスベリの開花の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

野球・サッカー・ゴルフにテニス、ラグビーまで、とにかくスポーツが大好き!好きな食べ物をしいてあげるならラーメンとお好み焼き!とくればハッスル系男子か⁈と思いきや、星を眺めるのが大好きだからこの仕事をしています!とロマンチストな一面をチラッと見せるナイスミドル。