【6/7 朝イチ!】西日本~関東甲信「梅雨入り」? 沖縄「梅雨明け」の感じ?

梅雨前線が北上し、九州~東北南部にかけ曇りや雨で、西日本は朝から、東海・北陸は昼前後から、関東甲信と新潟県では夜に入ってから雨になり、昨日「梅雨入り」した九州(山口県含む)に続いて、中国・四国・近畿・東海・関東甲信でも「梅雨入り」する可能性があります。北陸は微妙です。一方、北日本と沖縄は晴れて、沖縄は今後一週間、晴天が続き「梅雨明け」のような天気になる見込みです。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
東北は曇りがちですが、東北北部の太平洋側は午前中、晴れ間が残るでしょう。北海道は南部で午後から曇って来ますが、その他は晴天が続く見込みです。
日中の最高気温は、東北南部で今頃の過ごし易い陽気(仙台21℃)になる他は、今頃(平年)より2℃~5℃高い、6月下旬~7月並の汗ばむ位の陽気(札幌・旭川24℃)になる所が多いでしょう。北海道は「暑さと紫外線対策」をしてお出かけ下さい。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
東海と新潟県を除く北陸は昼前後から雨が降り易くなりますが、関東甲信越・伊豆諸島は夜に入ってから雨になり、小笠原諸島は日中は晴れる所が多いでしょう。このため、東海地方は平年より1日早く、関東甲信地方も今日(平年より1日早く)または明日、「梅雨入り」する可能性があります。
東海・北陸の方は傘を持ってお出かけ下さい。関東甲信越の方は、遅くなる方は傘を持つと安心でしょう

21時の降水予測

日中の最高気温は関東甲信と北陸では今頃か少し低い23℃~25℃(東京都心23℃、新潟25℃)ですが、東海は低めで大型連休の頃の陽気(名古屋22℃)で、この時期としては過ごし易い陽気で、東海地方の方は長袖やジャケットを着て丁度良い位でしょう。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
大阪や京都では午後から雨ですが、昨日「梅雨入り」した九州(山口県含む)はじめ、多くの所で朝から雨が降り易くなるでしょう。このため、四国(平年より2日遅く)・中国や近畿(平年並)地方でも「梅雨入り」する可能性があります。朝、お出かけの時、雨が降っていなくても傘を持ってお出かけ下さい。また、雷を伴い激しく降る時もあるので注意が必要です。

15時の降水予測

日中の最高気温は、今頃(平年並)より低めの21℃~25℃で、しのぎ易い陽気(福岡24℃、広島21℃、大阪25℃)の所が多いでしょう。特に中国地方の方は長袖やジャケットを着て丁度良い位でしょう。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
沖縄は昨日に続いて「梅雨の中休み」で、日中は晴れる所が多いでしょう。奄美諸島は北ほど雲が多く、夜には雨の降る所がある見込みです。なお、沖縄は12日頃まで晴れる日が多く、「梅雨明け」(平年の梅雨明けは23日頃)のような天気が続く見込みです。
日中の気温は、28℃~31℃の今頃か少し高め(那覇30℃)で、「暑さと紫外線対策」をしてお出かけ下さい

今日のヒトコト
昨日は九州(山口県含む)で、梅雨入りしましたが、今日はに西日本~東海・関東甲信でも「梅雨入り」する可能性があります。ただ、西日本では8日~10日に、東日本では9日~10日に晴れる所が多いため、次の雨(11日頃)まで先送りする可能性もあります。
昨日も6月として、日最低気温の低い記録を、北陸~北海道の14か所で更新しました。寒気がやっと抜け、日最高気温の最低を記録した地点は4日振りにありませんでした。また、富士山頂では昨日まで3日連続の「真冬日」(日中でも氷点下)になっています。



トミーです。いよいよ本格的な梅雨の季節が到来です。梅雨は中国の長江下流域~朝鮮半島~日本で、6月~7月に見られる雨期を指し、中国では「梅雨」(メイユー)、韓国では「長霖」(チャンマ)、日本は「梅雨」(バイウ、ツユ)と呼びます。梅雨(ばいう)の語源は、諸説あるようですが有力なのは、①梅の実が熟す頃に降る雨(梅雨)、②黴(かび)が生えやすい時期の雨(黴雨)ですが、カビは語感が良くないので、同じ読みで季節にあった梅を使い梅雨とした説があります。日本では古くは、陰暦5月の雨で「五月雨」(さみだれ)と呼んでいました。

梅の実

梅は東アジア特有の植物で、梅雨の雨と太陽の日差しを繰り返し生長し、成熟度でその使い方(青梅は梅酒など、やや黄色はジャムなど、完熟は梅干しなど)によって6月上旬~下旬に収穫されます。
昨日は稚内からヤマツツジ、高知からアジサイの開花、青森・室蘭からキアゲハ(蝶)、金沢・水戸からシオカラトンボ、奈良からはゲンジ・ヘイケ蛍の初見の便りが届きました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。