【6/5 朝イチ!】九州から関東はカラッとした陽気が続く

高気圧に覆われて、今日も九州から関東は晴れて、カラッとしたしのぎ易い陽気が続き、北海道も日中は回復し晴れる所が多くなるでしょう。一方、沖縄は梅雨空が続き、新潟県と東北地方は午前中を中心に雨が降り易い見込みです。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
東北地方は日本海側と北部の太平洋側で雨が降り易いでしょう。特に雨が降り易いのは午前中ですが、午後も所々で雨が残るので、雨が降っていなくても傘を持ってお出かけ下さい。一方、宮城県や福島県(会津を除く)では雲が多いながらも晴れ間の出る所がありそうです。また、北海道では日中は久し振りに回復して、晴れて来る所が多くなる見込みです。

12時の降水予測

日中の気温は昨日より高く、特に北海道では10℃前後も高くなる所もありますが、まだ4月~5月頃の気温の所が多く、特に東北北部と北海道東部で肌寒さが残る見込みです。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・伊豆諸島・小笠原諸島)
今日も晴れる所が多いですが、関東北部では昼頃から雲が広がり易くなるでしょう。なお、夕方以降は、関東平野部は南部でもにわか雨の可能性が出て来ますので、お出かけの際は折り畳みの傘を持つと安心です。一方、梅雨前線に近い小笠原諸島は雨が降り続き、父島では2日~4日の3日間で159mmの大雨が降り、昨日は小笠原村に土砂災害警戒情報が一時発表されました。今日も雨が降り続くので、土砂災害に注意して下さい。

12時の雲の予測

大陸育ちの乾いた空気を持った高気圧に覆われ、日中の気温は昨日と同じ位で、東海・関東甲信では今頃の陽気で、25℃を超える「夏日」の所もあり、日差しは強いですが、湿度が低いので、カラッとした陽気でしょう。一方、関東北部と長野県北部、新潟県では4月下旬頃の少し肌寒い位になる見込みです。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
薄雲の広がる所がありますが、今日も日中は晴れる所が多いでしょう。

15時の雲の予測

日中の気温は昨日と同じ位か少し高くなる所が多く、今頃(平年並)か、少し高くなりますが、引き続き湿度が低めで、カラッとした暑さになる所が多い見込みです。ただ、九州では30℃以上の「真夏日」になる所があるので、「暑さと紫外線対策」をしてお出かけ下さい。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
奄美諸島では、午後になると雲が広がってきますが、まだ天気の崩れはないでしょう。一方、沖縄は梅雨前線の影響で曇りがちで、本島南部では夜は雨か雷雨で、強く降る所があるので注意が必要です。

21時の降水予測

日中の気温は、今頃の蒸し暑さが続きますが、梅雨前線の南側に入る八重山地方では、4日振りに30℃を超える厳しい暑さになる所もある見込みです。

今日のヒトコト
今日は二十四節気の「芒種」(ぼうしゅ)です。あまり聞き慣れない節気ですが、稲や麦などの芒(のぎ)のある作物の種を蒔く頃というところから芒種といわれます。現在は田植の時期は早まっていますが、昔の田植はこの頃でした。梅雨入りが近づき夏の季語です。

田植えの終わった田んぼ



アルスです。今日6月5日頃は、九州北部と四国の梅雨入りの平年日ですが、今日も晴れの天気が続きそうです。ただ、梅雨前線は明日6日から北上し、明日は西日本で下り坂に向かい、7日は九州から東北南部で久し振りに雨が降る見込みです。西日本ではこのタイミングで「梅雨入り」するかも知れませんが、梅雨入りしたとしても、8日(木)から9日(金)は晴れる所が多く、梅雨空が長続きすることはなさそうです。「雨の季節到来 大雨のおそれも」参照。

6日(火)の予想天気図

昨日は、松山からアジサイの開花の便りが届きました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ストレスがたまると窓際席指定で航空券をゲットし、上空から雲を眺めて自分を癒す。最新の気象知識を得るための努力を常に怠らず、気象現象はできるかぎり“体感”を心がけ、動画配信サイトでも常に気象関連の動画をチェックするという天気集中生活を送る。夜勤明けのビールがココロとカラダに染みる今日この頃。