【1ヶ月予報】梅雨、雨量の多くなるエリアは…?

週間天気で雨や曇マークが多くなってきましたね。今回、ライフレンジャーではこの先1ヶ月間、6~7月上旬にかけての天気傾向をお伝えします!


■6~7月上旬 降水量の傾向

降水量が平年よりも多い予想のエリア
⇒ 北日本太平洋側、東日本日本海側
西日本太平洋側

降水量が平年より少ない予想のエリア
⇒ 奄美・沖縄

6月10日以降、太平洋高気圧の勢力が強まり、梅雨前線が北上する予想。特に降水量が多くなるとみられるエリアでは、梅雨時期の大雨災害に十分注意してください。
一方、奄美・沖縄では前線の影響を受けにくく、向こう1ヶ月の降水量は平年より少ない見込み。奄美・沖縄の梅雨明けは6月下旬(平年値)です。梅雨明けも近いかも…?



※PCから閲覧の方はTOPページに遷移します。


■6~7月上旬 平均気温の傾向 

奄美・沖縄、西日本のこの先1ヶ月の平均気温は高い予想。特に、奄美・沖縄では暖かい空気に覆われやすく、期間の前半は気温がかなり高くなる所がある見込み。
その他の地域の平均気温はほぼ平年並みとなるでしょう。
6月は湿度・気温が上がり、ジメジメ蒸し暑くなっていきます。カビや食中毒対策などは今のうちから行っておきましょう。


toduka_winter

さーちゃんです。いよいよ梅雨!梅雨対策は万全ですか?少しでも快適に梅雨を過ごすために、今から対策をしておきましょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

「プリンセス」という称号がマッチする麗しいヴィジュアルと、好きなことはとことん突き詰めてモノにする芯の強さを併せもつ。絵を描くことが好きで腱鞘炎になっても描き続けた経緯あり。中学生の頃、雲に魅せられ空を眺め続けて1時間。毎朝4時起きで猛勉強し気象予報士試験に合格。