【5/15 朝イチ!】西日本は夏日、北海道は肌寒さ続く

今日は沖縄で梅雨空、北日本は曇りや雨の所が多く、関東も日中は曇りがちですが、その他の地方は晴れる所が多いでしょう。九州から東海では引き続き、日中の気温は25℃を超えて「夏日」になる所が多い見込みです。

今日15日の天気
9時の予想天気図では、沖縄の南から日本の南に梅雨前線が停滞します。また、日本海には上空に寒気を伴った動きの遅い低気圧が残り、関東の東方海上の低気圧は今夜は三陸の東海上に向かい、東北~北海道は引き続き気圧の谷の中です。

9時の予想天気図

このため、沖縄は梅雨空ですが、雨が降るのは夕方以降で、宮古島や大東島では晴れ間が出るでしょう。東北~北海道は不安定な天気が続き曇りや雨が続き、雷雨になる所もありそうです。傘を持ってお出かけ下さい。関東・山梨県も日中は曇りがちですが、奄美は梅雨の晴れ間で、西日は晴れて、東海・北陸・長野県は日中、晴れ間が出る見込です。

15日の天気予報

今日15日の最高気温
沖縄~西日本と北陸は昨日より1℃~2℃気温が下がりますが、まだ今頃より高めで、東海・甲信も含めて25℃を超える「夏日」になる所が多いでしょう。日差しも強いので、特に屋外にいる時間が長くなる方は、暑さと紫外線対策をして下さい。関東地方は25℃に届きませんが平年(今頃)を上回り、湿度も高めで、少しムシムシするでしょう。一方、北日本は平年を下回る所が多く、特に東北の太平洋側と北海道は、4月並の気温で、15℃を下回る所もあるので、暖かくしてお出かけ下さい。

15日の予想気温(最高/最低)

九州~東海は夏日の所が多い

4時現在、新潟(魚沼・妙高)・岩手県内陸・青森県(津軽・上北)と北海道の雪の多い地方には引き続きナダレ注意報が発表されています。

今日15日の波高
4時現在、千葉県~岩手県と北海道の南部(渡島・胆振・日高)には波浪注意報が発表されています。千葉・茨城県は朝まで、東北南部は昼頃までに波が収まって来ますが、東北北部~北海道南部の太平洋沿岸では、午後にかけても波が高いので注意して下さい。

15時の予想波高分布

東北北部~北海道南部の
太平洋沿岸で2.5m以上



初めましてアルスです。昨日、釧路(平年より3日早く)からエゾヤマザクラ(桜)の開花の便りが届きました。これで、気象庁が観測している全ての地点で開花しました。今年のサクラ前線は、1月4日に那覇で開花してから4か月10日かけて、日本列島を北上しました。暖冬と春先の寒さで、関東以西では東京を除いて開花が平年並か平年より遅く、特に九州では10日前後も遅い所が目立ちました。しかし、4月に入ると一気に北上し、東北~北海道では一転、平年より5日前後も早く開花した所が多く、昨日、北上の旅を終えました。

エゾヤマザクラ

この他、昨日は高知からシオカラトンボ、長崎からゲンジ蛍・ヘイケ蛍の初見、新潟からはカッコウの初鳴の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ストレスがたまると窓際席指定で航空券をゲットし、上空から雲を眺めて自分を癒す。最新の気象知識を得るための努力を常に怠らず、気象現象はできるかぎり“体感”を心がけ、動画配信サイトでも常に気象関連の動画をチェックするという天気集中生活を送る。夜勤明けのビールがココロとカラダに染みる今日この頃。