【5/4 朝イチ!】行楽日和・北海道は季節外れの暑さ

九州南部であいにく雨の降る時がある他は、日中、晴れか雲の多い晴れの所が多く、行楽・お出かけ日和になる見込みです。日中の気温は、一部を除き平年並か高く、特に北日本は初夏~夏、北海道では一部で真夏並の暑さになる所があるでしょう。

今日4日の天気
9時の予想天気図では、移動性高気圧が関東の東海上に離れますが、勢力が強いため、気圧の峰が引き続き本州を広く覆うでしょう。ただ、高気圧の南西の縁に当たる九州南部周辺では湿った気流が入り易く、一方、北日本は暖かい気流が入り易い見込です。

9時の予想天気図

このため、九州南部や高知県では曇りがちになり、鹿児島県大隅地方や宮崎県では昨日に続いて、あいにく午後は雨が降り易くなるでしょう。その他の地方は日中、晴れか雲の多い晴れの所が多い見込みです。特に北日本は引き続き良く晴れるでしょう。

4日の天気予報

今日4日の最高気温
九州南部で平年(今頃)より少し低い4月中旬~下旬の頃の陽気が続く他は、今頃か平年より高い、5月中旬~初夏(6月)の頃の陽気になる所が多いでしょう。特に北日本では平年より3℃~6℃、一部で10度以上も高い、初夏~7月頃で、25℃近くまで上がり汗ばむ位の陽気になる見込みです。北海道の東部やオホーツク海側ではフエーン現象も加わり30度近くまで上がる所もあり、お花見など「暑さと紫外線対策」をしてお出かけ下さい。炎天下の車内や激しい運動時など「熱中症」にも注意して下さい。

4日の予想気温(最高/最低)

北日本は季節外れの暑さの所も

なお4時現在、新潟・長野北部・群馬北部と東北・北海道の雪の多い地方には引き続きナダレ注意報が発表されています。この他の地方でも雪山や沢(川)などにお出かけの方はナダレや融雪に注意して下さい。

今日4日の波高
4時現在、奄美・鹿児島大隅・種子島屋久島・宮崎・大分佐伯地方と北海道留萌・宗谷地方に波浪注意報が発表されています。奄美では波が収まって来ますが、九州南部や北海道北部の日本海側沿岸では夕方にかけても引き続き波の高い状態が続くので注意して下さい。この他の海域は2m以下で、比較的穏やかに経過する見込みです。

15時の予想波高分布

九州南部と北海道北部西岸は2.5m以上



トミーです。今日は「みどりの日」で、大型連休も後半です。明日5日こどもの日は九州で、6日の土曜日は全国的に、あいにく雨が降り易くなりますが一日雨という所は少ない見込みです。7日の日曜日は五月晴れの戻る所が多いでしょう。

5月5日の誕生花:菖蒲(あやめ)

花言葉:良い便り・希望など

昨日は、札幌(平年より4日早い)からソメイヨシノ(桜)の満開、旭川(同2日早い)からエゾヤマザクラ、福島からノダフジ、長崎からヤマツツジ、名瀬からはテッポウユリの開花の便りが届いています。なお、気象庁の観測地点で、桜(エゾヤマザクラ)の開花が、まだ残っているのは釧路、網走、稚内の3か所です。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。