【4/14 朝イチ!】久し振りに全国的に晴れて、降水確率20%以下

ほぼ全国的に晴れて、降水確率も20%以下で、雨や雪の降る心配はないでしょう。日中の最高気温も沖縄で今頃の陽気になる他は、大型連休の頃の暖かい陽気になる所が多い見込みです。

昨日の天気
北海道では真冬並の寒波の影響で、季節外れの雪が降りました。札幌や旭川、稚内などで4cmの積雪を観測し、4月中旬としては札幌では2013年4月19日の1cm以来の積雪で、4cm以上の降雪と積雪は1970年4月13日の5cm以来、多い記録です。また、最高気温が氷点下の「真冬日」が、4月1日以来12日振りに10地点で観測されました。

今日14日の天気
昨日、北海道に季節外れの雪を降らせた台風並に発達し低気圧はカムチャッカ方面に去りますが、北方には低圧部が残ります。一方、本州の南海上に高気圧が発生し、南高北低の春型になるでしょう。

9時の予想天気図

このため、今日は北海道宗谷地方で昼前後、雨が予報されている他は、日本海側でも天気が回復し、ほぼ全国的に晴れる所が多いでしょう。主要都市の降水確率も、全て20%以下で、雨の降る可能性は少ない見込みです。

14日の降水確率

14日の天気予報

今日14日の気温
日中の最高気温も、沖縄で今頃の陽気が続く他は、全国的に昨日から3℃~5℃、北陸や北日本では6℃~10℃、北海道では10℃~14℃も上がり一転、大型連休の頃の暖かい陽気になる所が多いでしょう。関東から西では20℃を超えて、動くと汗ばむ位で、北陸や東北でも日中はコートがいらない位の陽気になる見込みです。なお、積雪の多い地方では引き続き、ナダレや融雪に注意して下さい。

14日の予想気温(最高/最低)

今日14日の波高
4時現在、島根県隠岐、新潟県から北海道宗谷地方の日本海側の沿岸と伊豆諸島北部に波浪注意報が発表されています。伊豆諸島は次第に波が収まって来ますが、日本海側は今日いっぱい波の高い状態が続き、特に北海道では南西の風も強く、3m以上の高い波やウネリが続くので注意して下さい。

15時の予想波高分布

日本海沿岸は2m以上



トミーです。今日は「熊本地震」から1年目になります。「天災(災害)は忘れた頃にやってくる」「備えあれば憂いなし」など先人は名言を残しています。
今日から再び気温が上がる傾向で、あす土曜日から日曜日にかけては更に気温が上がり25℃を超える夏日になる所もあるでしょう。ソメイヨシノ(桜)も葉桜にならず、まだ見頃が続き、この週末もお花見が楽しめる所が多い見込みです。ただ、花曇りの所が多くなりそうです。予報士コラム「週末も気温高め 熱中症対策そろそろ」参照。
昨日は大分(平年より10日遅く、最も遅い記録)・新潟(同1日早く)、仙台(同3日早く)からソメイヨシノ(桜)の満開、長野からスミレの開花、広島からはモンシロチョウの初見の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。