【4/10 朝イチ!】西日本は下り坂で「菜種梅雨」が戻り一転「花冷え」

週明けですが、西から下り坂で、九州は朝から、その他の西日本も次第に雨が降り「菜種梅雨」が戻り、日中は気温が上がらず「花冷え」になるでしょう。一方、東海は花曇りで、東・北日本は晴れる所が多い見込です。

昨日9日の一番
最高気温は沖縄県竹富町西表島で28.4℃まで上がり、全国で今年一番高い気温を更新しました。同じ竹富町の波照間島と与那国町の3か所でも28℃を越え、沖縄県を中心に九州や高知県で25℃を越えた地点が50か所あり、今年に入って一番多い地点で「夏日」を観測しました。
また、日最深積雪が一番多い、青森県酸ヶ湯の積雪が290cmで、2月6日以来、300cm以下になりました。

今日10日の天気
9時の予想天気図では、東北には移動性高気圧が進み、東・北日本を覆うでしょう。一方、東シナ海には春雨前線が伸びて、今夜までに九州付近に低気圧が発生する見込です。

9時の予想天気図

このため、東日本から北日本では東海で花曇りになる他は日中、晴れる所が多いでしょう。東京では4日振りの晴れになります。一方、九州や四国南部では既に雨が降り始めており、日中は太平洋側を中心に次第に雨が降り始め、沖縄本島は昼前から、近畿でも大阪から南では、午後には雨の降る所が多くなるので、傘を持ってお出かけ下さい。山陰や近畿北部は花曇りの所が多い見込です。

10日の天気予報

15時の降水予測

今日10日の気温
日中の最高気温は、沖縄では今日もまだ大型連休の頃の汗ばむ陽気ですが、九州や中国・四国と東海~関東甲信では一転、平年(今頃)より4℃~6℃も低くなり、3月頃の花冷えになる所が多いでしょう。日中は薄手のコートが欲しい肌寒さになるでしょう。この他の地方は今頃の陽気になる所が多い見込です。なお、積雪の多い地方では引き続き、ナダレに注意して下さい

10日の予想気温(最高/最低)

九州~関東では20℃以下

今日10日の波高
4時現在、九州北部と四国~関東にかけて波浪注意報が発表されています。静岡~関東沿岸では次第に波が収まりますが、奄美諸島~近畿・東海西部と伊豆諸島南部では引き続き波の高い状態が続き、山陰でも東よりの風が強まり波が高まって来るので注意して下さい

15時の予想波高分布

九州~東海・伊豆諸島南部2.5m以上



トミーです。今日は西日本で雨ですが、明日は南岸低気圧の通過で、東日本から東北でも雨が降り易くなり、山沿いでは雪になる可能性があり、低気圧が発達するため太平洋側では「春の嵐」になる恐れがあります。注意して下さい。また、関東や東北では一転、冬のような寒さになる見込です。東京都心の最高気温は真冬並の10℃の予想です。予報士コラム「週前半は寒の戻り 花散らしの雨」参照。
昨日も宮崎・彦根・甲府・宇都宮からソメイヨシノ(桜)の満開の便りが届きました。静岡からスミレ、広島・松山からヤマツツジの開花、神戸からはモンシロチョウの初見の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。