【3/23 朝イチ!】全国的に雲が多く、スッキリしない天気

今日23日の天気

9時の予想天気図では、移動性高気圧が四国の南海上に抜け、東シナ海南部には弱い低気圧が発生する見込みです。また、北日本の低気圧が北海道の東に抜け、東日本から北日本は弱い冬型になります。

9時の予想天気図

このため、沖縄から九州南部は下り坂で、すでに雨が降りはじめている所があり、朝から午後にかけ雨が降り易くなり、北陸から北海道の日本海側では冬型により曇りがちですが、朝晩を中心に小雨か小雪が降り易いので、傘を持つと安心です。その他の地方は、日中、雲の多い晴れか曇りで、スッキリしない天気になる所が多い見込みです。

23日の天気予報

今日23日の気温

日中の最高気温は、九州は寒の戻りで2月頃の冬の寒さになる他は、全国的に平年並(今頃)か平年より1℃~2℃低い所が多い見込みです。日中は北日本では寒く、西・東日本でも日差しが少なく、コートが欲しい肌寒さでしょう

23日の予想気温(最高/最低)

九州から関東では15℃以下

今日23日の波高

3時現在、沖縄県与那国島、千葉県夷隅・安房、茨城県北部・鹿行、新潟県佐渡・岩船、秋田県沿岸、小笠原諸島の各地方に波浪注意報が発表されています。与那国島と小笠原諸島では夕方まで波が高い他は、朝か昼前までに注意報は解除され、全国的には2m以下の海域が多い見込みです

12時の予想波高分布

全国的には2m以下の海域が多い



トミーです。今日は「世界気象デー」です。世界気象機関(WMO)は、1950年(昭和25年)3月23日に世界気象機関条約が発効したことを記念し、 毎年3月23日を世界気象デーとしてキャンペーンテーマを設け、気象業務への国際的な理解の促進に努めています。 今年のキャンペーンテーマは、「より暑く、より乾いた、より雨の多い – 将来と向き合う」(原文は“Hotter, drier, wetter. Face the future.”)です。
昨日は和歌山からヒバリ、長崎からはウグイスの初鳴、松山・福岡からツバメ、下関からはモンシロチョウの初見の便りが届いています。

オオシマザクラ・開花

3月22日 川崎

オオシマザクラは、ソメイヨシノとは異なり、若葉と一緒に花が咲くのが特徴とのことです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。