【3/18 朝イチ!】3連休初日は晴れて、春らしい陽気

今日18日の天気

3時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、沖縄から九州南部に雲が残っている他は目立った雲は見られません。

3時の気象衛星ひまわりの雲画像

9時の予想天気図では、動きの遅い移動性高気圧が西日本を覆っていますが、北日本は弱い冬型が続く見込みですです。

9時の予想天気図

日中は高気圧に覆われる、西日本は穏やかに晴れて、東海から関東と東北から北海道でも朝や午後に雲が出やすいですが、日中は晴れる所が多いでしょう。一方、高気圧と高気圧のとの間の弱い気圧の谷で沖縄から種子島・屋久島の南西諸島では曇りがちで、日中、にわか雨の降る所があり、北陸でも弱い冬型で新潟県を中心に雲が多く、日中は晴れ間も出ますが、夜には小雨の降る所がある見込みです。お出かけの時は注意して下さい。

18日の天気予報

今日18日の気温

日中の最高気温は、今頃(平年並)か3月下旬の頃の春らしい陽気の続く所が多いでしょう。九州から関東では15℃前後まで上がり、日中は日差しの暖かさを感じ、コートがいらない位になる見込みです。ただ、朝晩はまだ寒く、気温の差が大きいので服装に注意して下さい。

18日の予想気温(最高/最低)

今日18日の波高

3時現在、沖縄本島と奄美地方、大分県佐伯、新潟県岩船・佐渡地方に波浪注意報が発表されています。しかし、いずれも朝の内までには解除され、日中は波の高い海域はなくなる見込みです。

12時の予想波高分布

沖縄と伊豆諸島で
2m前後のウネリが残る



トミーです。春の彼岸で、3連休の初日の今日は、南西諸島や北陸で雲が多い他は、明日、日曜日にかけ日中は全国的に晴れて、行楽・お出かけ日和になるでしょう。ただ、明後日、春分の日はあいにく、西日本で下り坂に向かう見込みです。トピック「3連休の天気傾向~お出掛けに最適な日は?~」参照
昨日は福島と宇都宮からウグイス、金沢からヒバリの初鳴、富山からはモンシロチョウの初見の便りが届いています。

菜の花畑

17日千葉県

関東から西では菜の花が見頃を迎えています。花言葉は、「快活」「明るさ」「豊かさ」「元気いっぱい」「小さな幸せ」「財産」「競争」など沢山あります。あなたはどれを選びますか。これから4月にかけての雨の時期を「菜種梅雨」とも言います。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。