【3/10 朝イチ!】日中は日差しが暖かく感じる

昨日9日の一番

昨日は寒の戻りで全国的に余寒になりましたが、茨城県北茨城市で日最低気温が-5.9℃で、3月としては2016年3月2日とタイ記録で一番低い気温を観測しました。また、日降水量が3月として新潟県長岡市で2015年3月12日とタイ記録の40.5mm、三条市で38mmを観測し一番多い記録を更新しました。青森市酸ヶ湯では8日から3cm増え、376cmに達し、青森市でも56cmを観測し今冬以来一番多い日最深積雪を観測しています。

今日10日の天気

3時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、山陰から北の日本海側に寒気に伴う雲がかかっています。このため、3時現在、山陰から北海道の日本海で雪の降っている所が多くなっています。また、中国大陸南部から東シナ海に雲が広がって来ていますが、九州と太平洋側は晴れています。

3時の気象衛星ひまわりの雲画像
3月10日3時のひまわり雲画像

9時の予想天気図では、東シナ海に移動性高気圧が進み、西日本では冬型が緩んで来ますが、東日本・北日本ではまだ冬型が続く気圧配置です。沖縄は前線が伸びて来ます。

9時の予想天気図
3月10日9時の予想天気図

このため、今日は西日本では日本海側でも雪や雨が止んで、九州や太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。一方、沖縄は前線の影響で曇りや雨で、近畿北部・北陸から北の日本海側は寒気の影響で雪か雨の降り易い状態が続く見込みです

10日の天気予報
3月10日の天気予報

今日10日の気温

日中の最高気温は、沖縄と東海・北陸でまだ、冬の寒さが続く他は、気温が上がり平年並(今頃の気温)の肌寒さに戻る所が多いでしょう。

10日の予想気温(最高/最低)
3月10日の予想気温
九州~関東では10℃~15℃

今日10日の波高

4時現在、奄美・九州と東北までの日本海沿岸と関東までの太平洋沿岸では波浪注意報が発表中です。奄美・九州では風が弱まり日中は高波も収まって来ますが、山陰東部から東北の日本海側と四国(高知県)から関東の太平洋沿岸では波の高い状態が夕方か今夜にかけても続くので注意して下さい

12時の予想波高分布
3月10日12時の予想波高分布

沖縄・奄美近海と
北日本近海は比較的穏やか

(2017/3/10 04:00更新)



トミーです。日中は今頃の肌寒さに戻る所が多く、晴れる所では日差しが暖かく感じられるでしょう。週末は沖縄県を除き、全国的に晴れて春らしい陽気になり、行楽・お出かけ日和になる見込みです。トピック「【週末の天気】冬型解消 春の陽気に」参照
昨日は津からヒバリ(平年より8日遅い)、名瀬からウグイス(同2日遅い)の初鳴の便りが届いています。また、昨日は南国九州でも熊本県南阿蘇村で2月9日以来、およそ1か月振りに1cmの積雪を観測し、桜島は冠雪し、山がうっすらと白くなりました。

桜島で冠雪
17'3'9午前7時前 桜島冠雪
9日朝(今村さん撮影)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。