【3/5 朝イチ!】暦(啓蟄)に合わせるように、暖かい日曜日

今日5日の天気

3時の気象衛星ひまわりの雲画像では、北海道の日本海側と東シナ海に雲が見られる他は目立った雲はなく、晴れている所が多くなっています。0.5mm以上の降水(雪も降水に換算)を観測しているのは、北海道の空知・上川地方の9か所だけです。

3時の気象衛星ひまわりの雲画像
3月5日3時のひまわり雲画像

9時の予想天気図では、北海道ではまだ冬型が残りますが、その他の沖縄から本州は珍しく等圧線がない天気図になっています。本州付近の気圧配置としては弱いながらも高気圧に覆われています。

9時の予想天気図
3月5日9時の予想天気図

北海道の日本海側では北部を中心に今日はまだ雪の降る所がありますが、その他の地方は、日本海側も含めて穏やかに晴れる所が多いでしょう。ただ、中国大陸南部から伸びる前線上の東シナ海に午後、低気圧が発生するため、西からゆっくり下り坂で、沖縄や九州・中国・四国では昼前から次第に雲が広がって来る見込みです。

5日の天気予報
3月5日の天気予報

降水確率を見ると、鹿児島で50%で九州南部では午後から雨が降る可能性がある他は30%以下で、西日本でも夕方頃まで雨の降る心配は少ないでしょう。

5日の降水確率
3月5日の降水確率

今日5日の気温

日中の最高気温は、岩手・青森県と北海道で平年並(今頃の気温)か2月頃の冬の寒さが続く他は、平年より2℃~4℃高い、3月中旬から下旬の頃の春の陽気が続く所が多く、今日も行楽・お出かけ日和になるでしょう。那覇では昨日5日振りに20℃を上回り、やっと春らしい陽気になりました。

5日の予想気温(最高/最低)
3月5日の予想気温

今日5日の波高

4時現在、波浪注意報が発表されているのは北海道の渡島檜山と網走地方を除く沿岸だけです。北海道の日本海側では今日いっぱい波の高い状態が続くので注意して下さい

12時の予想波高分布
3月5日12時の予想波高分布
北海道北部の日本海沿岸で3m以上

(2017/3/5 04:00更新)



トミーです。今日は二十四節気の一つ「啓蟄」(けいちつ)です。虫が冬眠から目覚め活動を始める頃という意味です。今日は暦に合わせるように気温が上がり、日向では暖かさを感じるでしょう。実際に虫が活動を始めるのは日平均気温が10℃を超えるようになってからで、鹿児島では2月下旬、東京や大阪で3月下旬、札幌は5月上旬の頃に当たります。虫が冬眠から目覚めるとそれを補食する小動物も冬眠から目覚め動き始めます。
昨日は季節や生物の便りはありませんでした。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。