【2/24 朝イチ!】冬の天気分布に戻り「春寒」

昨日23日の天候

昨日、広島地方気象台は22日(夜)に中国地方で「春一番」が吹いたと発表がありました。これで「春一番」を観測している九州から関東の全ての地方(沖縄と東北・北海道は観測していません)で吹きました。全ての地方で「春一番」が観測されたのは4年振りです。昨日は低気圧の通過で各地で雨が降り、日降水量が静岡県伊豆市天城山では118.5mmを観測しましたが、100mmを超えたのは1月17日以来です。

今日24日の天気

9時の予想天気図では、西高東低のやや強い冬型の気圧配置になっています。ただ、今夜には冬型は西から緩んで来る見込みです。

9時の予想天気図
2月24日9時の予想天気図

このため、今朝は九州北部から北陸の日本海側で雪か雨、東北から北海道では太平洋側を含め雪の降っている所が多くなっています。しかし、寒気の南下は一時的で、日中は西日本の日本海側から北陸南部の雪や雨は止んで来る見込みです。一方、沖縄・奄美は曇りがちで夜一時雨の降るところがありますが、九州と太平洋側は冬晴れか雲の多い晴れのところが多い見込みです

12時の降水予測
2月24日12時の降水予測

24日の天気予報
2月24日の天気予報

今日24日の気温

日最高気温は全国的に昨日より低く、四国から東北は3~5℃、一部では7℃~10℃と大幅に下がり、全国的に「春寒」になる見込みです。また、冷たい季節風も吹いて、体感的にはかなり寒く感じるところが多く、暖かい服装でお出かけ下さい

24日の予想気温(最高/最低)
2月24日の予想気温
近畿から関東は10℃前後
北陸・東北で5℃前後で真冬並の寒さ

今日24日の波高

4時現在、北海道の日本海側で暴風雪・波浪警報、北海道南部に暴風警報、この他、九州から近畿の太平洋沿岸を除き、全国的に沿岸部を中心に強風・波浪注意報が発表されている地方が多くなっています。日中は西から冬型は緩んで来ますが、今日いっぱい波の高い状態が続く海域が多いので注意して下さい

12時の予想波高分布
2月24日12時の予想波高分布
西日本を除き3m以上の海域が多い

(2017/2/24 04:30更新)



トミーです。昨日は中国地方でもやっと「春一番」の発表(22日夜に吹いた)があり、その他の地方でも「春二番・三番」が吹き、今年は珍しく南風の強い日が続きました。強い南風は今回で一旦収まり、週末は沖縄や北陸から北の日本海側を除き、久し振りに穏やかな天気の続くところが多い見込みです。トピック「【週末の天気】 土日は穏やかに でも冬は冬」参照。
昨日は岐阜から平年より9日遅い、ウメの開花の便りが届いています。

2月23日は「富士山の日」
2月2日富士山
2月2日撮影(新幹線から)

2月23日は語呂合わせで「富士山の日」でした。静岡県では2009年に条例が制定され、周辺の公立の小中学校は休校との事です。笠雲がかかると近い内(24時間以内)に雨が降るという諺がありますが、2月3日も晴れて、この時は外れました。笠雲の発生時は、山頂付近では風が強いとされていますが、日最大瞬間風速は36m/sで強く、最低気温は-27.2℃で低めでした。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。