【2/23 朝イチ!】東海・関東は昼頃まで「春の嵐」

昨日22日の一番

昨日は沖縄から九州・山口県にかけてまとまった雨が降り、日最大1時間降水量が長崎県島原市で23.5ミリ、山口県下松市で15.5ミリ、日最大3時間降水量でも長崎県島原市と対馬市厳原で共に41.5ミリと、いずれも2月として観測開始以来、一番多い記録を更新しました。

今日23日の天気

3時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、日本海の低気圧に伴う雲が日本列島を覆っています。このため、沖縄から東北南部の広い範囲で雨(東北は雨か雪)が降っています。

3時の気象衛星ひまわりの雲画像
2月23日3時のひまわり雲画像

9時の予想天気図では、北陸沖に前線を伴った発達中の低気圧があり、昨日は西日本で南よりの風が強まりましたが前線の南下で西~北西風に変わって来ています。今朝は近畿から関東でも南よりの風が強まって、春二番や春三番が吹いています。低気圧は午後には三陸沖に抜け冬型の気圧配置になり、風は北西風に変わって来る見込みです。

9時の予想天気図
2月23日9時の予想天気図

低気圧の動きが早いため、西日本の雨は朝までには次第に止んで、沖縄や東海は昼前に、関東甲信では昼過ぎには雨の止んで来るところが多いでしょう。ただ、近畿から関東では昼前まで寒冷前線の南下に伴い風雨が強まり、落雷や竜巻・突風などにも注意して下さい。一方、日本海北部には別の低気圧があり、北海道は下り坂で、山陰から東北の日本海側は冬型で、雨や雪が降り易くなって来る見込みです。西日本などお出かけの時、雨が止んでいれば傘を持つ必要はないでしょう。

12時の予測降水域
2月23日12時の降水予測域

23日の天気予報
2月23日の天気予報

今日23日の気温

日中の最高気温は沖縄から九州と東北北部で平年並の寒さになる他は、昨日より上がり、再び春めいた陽気になるところが多いでしょう。特に静岡県から関東では15℃を超えて、東京都心では20℃近くまで上がり春本番の頃の陽気になる見込みです。

23日の予想気温(最高/最低)
2月23日の予想気温
北陸や東北南部では10℃前後まで上がる

今日23日の波高

4時現在、高知県室戸地方で暴風・波浪警報が発表中です。この他、沖縄から関東・北陸の沿岸部では強風・波浪注意報が発表されている海域が多くなっています。日中は西~北西風に変わり、午後は北日本でも次第に風が強まり、全国的に波が高まるので注意して下さい

12時の予想波高分布
2月23日12時の予想波高分布
沖縄~関東の太平洋沿岸で3m以上

(2017/2/23 04:30更新)



トミーです。今日は再び日本海低気圧の通過で、午前中を中心に「春の嵐」です。山陰から北の日本海側と北日本を除き、太平洋側では日中、雨が止んで来るので、傘を忘れずに。トピック「春の嵐再び 強い雨風に注意」参照。
昨日は甲府と松江からツバキ、広島からタンポポの開花の便りが届いています。

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。