【2/17 朝イチ!】「春一番」に注意!今夜から一転、冬の寒さ

昨日16日の一番

昨日は九州北部(山口県含む)で、2009年の2月13日以来早い「春一番」が吹きました。全国的に気温が上がり、47都道府県庁所在地の22都市で、北日本・北陸・西日本を中心に今年に入って日最高気温を更新しました。日最高気温が0度未満の「真冬日」の地点も十勝地方上士幌町の-0.3℃の1か所で2月に入って一番少なくなりました。

今日17日の天気

3時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、沿海州にある低気圧の影響で、北日本に雲が広がり、西日本は南西に伸びる寒冷前線の雲がかかり、東北から北海道の日本海側で雨か湿った雪、九州北部から中国で雨の降っている所が多くなっています。

3時の気象衛星ひまわりの雲画像
2月17日3時のひまわり雲画像

9時の予想天気図では、北方を低気圧が発達しながら通過中で、寒冷前線が日本海から南下して来ます。今夜には低気圧はオホーツク海に進み、寒冷前線が本州の南に抜け、冬型になって来る見込みです。

9時の予想天気図
2月17日9時の予想天気図

このため、全国的に不安定な天気になり、寒冷前線が南下する時に雨が降り易く、北海道では雨か湿った雪が降るでしょう。降水確率も那覇と東京で20%と小さい他は40%以上で、お出かけの時は傘を持つと安心です

17日の天気予報
2月17日の天気予報

17日の降水確率
2月17日の降水確率
那覇と東京を除き40%以上

今日17日の気温

最高気温は全国的に昨日より更に1℃~3度、関東では3℃~6℃も上がり、春本番の頃の今年一番の暖かい陽気になるところが多くなるでしょう。ただ、寒冷前線が南下すると、急に気温が下がり、気温の変動が大きい一日になるので、服装など注意して下さい。

17日の予想気温(最高/最低)
2月17日の予想気温

今日17日の波高

4時現在、全国各地に強風や波浪注意報が発表されているところ多くなっています。低気圧に向かって、日中から夕方にかけて南よりの風が吹き、西日本から関東では「春一番」の吹く地方があり、海も波が高まって来るので注意して下さい。また、前線が南下すると冬型になり、今度は西~北の風に変わり強く吹き、波の高い状態が続くので注意が必要です。

12時の予想波高分布
2月17日12時の予想波高分布
日本海と太平洋側沿岸で3m以上になる

(2017/2/17 04:30更新)



トミーです。今日は北日本を中心に荒れ模様になり、その他の地方も「春一番」の強い南風の吹く地方もあり注意して下さい。気温も上がるので、雪の多い地方ではナダレや落雪・融雪などにも引き続き注意が必要です。ただ、今夜から週末は一転、寒の戻りで「春寒」になる見込みです。トピック「関東・北陸で春一番 雪解け警戒」参照。
昨日は彦根からウメの開花、佐賀からウグイス、鹿児島からヒバリの初鳴の便りが届いています。
春一番> 冬から春への移行期に、初めて吹く暖かい南よりの強い風のことで、気象庁では 立春から春分までの間とし、①南よりの風が平均8m/s前後以上、②前日より気温が上がる事などを目安にしています。対象は北日本(北海道・東北)と沖縄を除く地方になっています。「春一番」というと、寒い季節から開放される感じですが、実際は強い南風の嵐で、特に海の関係者には注意を要する気象現象の一つです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。