【2/16 朝イチ!】午後から明日は「春一番」(春の嵐)に注意!!

昨日15日の一番

昨日は新潟県から東北の日本海側で小雪の降ったところがあります。日最深積雪は青森市酸ヶ湯で322cmで、12日から連続4日間も今冬一番の積雪を維持し続けています。厳しい寒さもやっと和らぎ、今頃の寒さに戻ったところが多く、日最高気温が0度未満の「真冬日」の地点も27か所と2月に入って、一番少なくなりました。

今日16日の天気

4時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、新潟県と東北から北海道にかけて雲がかかっていますが、全国的に0.5mm以上の降水を観測しているのは秋田県の2か所だけです。また、日本海西部には低気圧に伴う雲が広がって来ています。

4時の気象衛星ひまわりの雲画像
2月16日4時のひまわり雲画像

21時の予想天気図では、2月4日以来の移動性高気圧が日本付近を通過し、南東海上に抜けます。一方、発達する低気圧が大陸北部から日本海北部に進んで来ます。

9時の予想天気図
2月16日21時の予想天気図

日中は南海上の高気圧に覆われ、沖縄から関東・北陸の広い範囲と東北から北海道の太平洋側で晴れる所が多くなるでしょう。一方、東北から北海道の日本海側は中国北部から近づく低気圧の影響でゆっくり下り坂に向かい、曇りから北海道北部では夕方頃から雨が降り始め、夜遅くには雪に変わって来る見込みです。お出かけの時、傘を持つと安心でしょう。

16日の天気予報
2月16日の天気予報
日中はスッキリ晴れる所が多い

16日の降水確率
2月16日の降水確率
札幌を除き30%以下で、
日中は雨や雪の降る心配は少ない

今日16日の気温

日中は全国的に気温が上がり一転、春の陽気になるところが多く、関東から西ではコートがいらない位の暖かさになるでしょう。また、東北北部では今年初めて、10度を超える所がある見込みです。

 

16日の予想気温(最高/最低)
2月16日の予想気温

今日16日の波高

4時現在、波浪注意報が発表されている海域はありません。しかし、日中は北方の低気圧の影響を受け、日本海側では次第に南よりの風が強まって来るため、午後から明日は「春一番」の吹く地方があり、海も波が高まって来るので注意して下さい

12時の予想波高分布
2月16日12時の予想波高分布
午後は日本海沿岸で2m以上の海域が多くなる

(2017/2/16 04:30更新)



トミーです。今日は転、気温が上がり、関東から西では桜の咲く頃の暖かい陽気になります。雪の多い地方では引き続きナダレや落雪・融雪などに注意が必要です。また、明日は北日本を中心に「春の嵐」になるので注意して下さい。週末は一転、寒の戻りで「春寒」になる見込みです。
昨日は宮崎からウグイスの初鳴きの便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。