山陰・近畿北部 ドカ雪警戒

上空の強い寒気の影響でJPCZという雪雲の束が流れ込んでいるため北陸・近畿北部・中国地方で大雪となっています。
特に鳥取県や兵庫県北部の平野部では今朝から急激に積雪が増え、この半日で40cmを超える積雪となっており、交通障害等の危険があります。2011年元日豪雪での大山の遭難事故と国道9号線での大きな立ち往生被害を出した状況に近づきますので、警戒してください。

【各地の最深積雪】(17時現在)
兵庫県兎和野高原151cm、豊岡市61cm
鳥取大山187cm、鳥取市43cm、智頭町73cm、倉吉市42cm、米子市38cm
滋賀県今津町80cm、彦根市34cm

※九州や道東の雪のピークは越えましたが、東北~山陰地方はあすまで強い雪の降り方にご注意ください。

雪が降り続く松江市内 (23日15時過ぎ)

雪が降り続く松江市内 (23日15時過ぎ)

【大雪の見通し】
24日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、
北陸地方 …80cm
中国地方、東北地方 …70cm
近畿地方 …60cm
関東甲信地方 …50cm
東海地方 …40cm
四国地方、北海道地方 …30cm
【注意事項】大雪や路面凍結による交通障害、見通しの悪化、農作物の管理、電線や樹木への着雪、なだれ
きょう正午の寒気

きょう正午の寒気

雪の降り方は日を追うごとに弱まってくるものの、大寒の期間だけあって厳しい寒さは続く見込みです。
週末はいったん寒さが緩んで少し暖かくなりそうですが、これまで多量の雪が降ったところではなだれや落雪の危険性が高まりますのでご注意下さい。

(2017年1月23日 11:00更新)


iwamoto_winter

がんちゃんです。

北海道は寒冷低気圧の影響で降雪が強まり、昨日はまた新千歳空港で欠航が相次ぎました。週末には暖気が入って寒さが緩みそうですが、パウダースノーが解けてしまいアイスバーン化する方が怖いのです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。