沖縄本島に特別警報 (大雨・暴風・波浪・高潮)

沖縄本島地方に大雨、暴風、波浪、高潮の特別警報が発表されました。猛烈な台風18号により、久米島を中心に、これまでに経験したことのないような暴風、高波、高潮となるおそれがあります。最大級の警戒をしてください。

沖縄本島地方では台風の接近に伴い急激に風が強まり、3日夜遅くには最大風速60メートルの猛烈な風が吹く見込みです。4日朝にかけて暴風と高波に厳重に警戒して下さい。また、4日にかけて局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。土砂災害や河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒してください。

【 3日21時の沖縄・奄美地方の風分布】

20161003_3%e6%97%a521%e6%99%82%e3%81%ae%e9%a2%a8%e5%88%86%e5%b8%83%e4%ba%88%e6%b8%ac

【暴風】

3日

沖縄本島地方60メートル(85メートル)

大東島地方15メートル(25メートル)

先島諸島20メートル(30メートル)

4日

沖縄本島地方… 60メートル(85メートル)

先島諸島… 18メートル(30メートル)

【高波】

4日にかけて予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)

沖縄本島地方11メートル

大東島地方5メートル

先島諸島5メートル

【大雨】

4日21時までの24時間に予想される雨量

沖縄本島地方200ミリ

※局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨

(2016年10月3日21:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。屋外での行動は極めて危険です。猛烈な風で走行中のトラックが横転したり、住宅が倒壊するおそれもあります。自治体の出す情報に注意し、できるだけ安全なところに避難して下さい。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。