長崎市野母崎で記録的暴風59.4m/s

大型で強い台風10号は朝鮮半島付近を北上しており、日本から離れつつありますが、西・東日本は広く強風域に入っています。

長崎市野母崎で最大瞬間風速59.4m/sを観測したほか、大分県佐伯市蒲江で40.4m/s、福岡市博多区で39.1m/sの猛烈な風が吹き、それぞれ観測史上1位の記録を更新しました。暴風が収まるまで頑丈な建物の中の窓から離れた場所でお過ごしください。

また、西日本の広範囲で風が強まり、沿岸海域は大シケとなっているところがありますので、海岸付近には近づかないようにして下さい。

大雨にも警戒が必要です。長崎県五島市で未明に1時間に80ミリを超える猛烈な雨を観測したほか、九州〜東海の太平洋側では断続的に激しい雨が降り、宮崎県美郷町やえびの市では降り始めからの雨量がおよそ600ミリに達するなど各地で雨量が多くなっています。土砂災害に警戒をしてください。

(気象予報士:みやっち)





シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。