過去最強クラス台風 早めの備えを

台風9号は温帯低気圧に変わりましたが、日本付近は南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態が不安定となっています。また、フェーン現象の影響で北陸や東北日本海側の各地で記録的な高温となり、新潟県三条市で40.4℃、胎内市で40.0℃を観測しました。

北~西日本は前線や湿った空気の影響で週末にかけて不安定な天気が続き、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。

そして、週末は過去最強クラスの台風に厳重な警戒が必要です。

日本の南海上の海面水温が記録的に高くなっているため、台風10号は急速に発達しながら北上し、非常に強い勢力または猛烈な勢力となって沖縄・大東島や奄美地方、九州地方に接近するおそれがあります。

お住いの地域の災害リスク(土砂災害の危険エリア、河川氾濫、高波や高潮による浸水エリアなど)をハザードマップなどで確認し、早めに避難先を確保するようにしてください。また、長期間の停電などに備え、充電器や非常用品の準備なども早めに済ませておきましょう。

(気象予報士:みやっち)





シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。